タグ:花粉症 ( 1 ) タグの人気記事
花粉症による肌荒れ
3月に入り、日中は少しずつ暖かく感じられる日も多くなってきましたね。

三寒四温を繰り返しながら、季節は確実に春へと移り変わっているようです。



毎年春になると花粉症の諸症状に苦しまされる、という方も多いのではないでしょうか。

目のかゆみや鼻水、くしゃみ、どれをとっても本当に不快な症状ですよね。

かく言う私も、春先には花粉症のムズムズ&ハクションにかなり苦しんでいます- -;

花粉症歴はまだ4~5年ですが、発症してからというものすっかり春が怖くなりましたよ。

爽やかで心地良いはずの春という季節を、一気に憂鬱なイメージに変えてしまう花粉症。

本当に、恐るべしです。




花粉症と同時に、春先には肌荒れに悩む方もたくさんいらっしゃるかと思います。

春先の肌荒れを話題にしていると、

よく「季節の変わり目だからしょうがないよ」という声を耳にします。

ですが、あなたの肌荒れは本当に「季節の変わり目だから」起こっているのでしょうか?




そこで、今回のテーマは「花粉症と肌荒れ」。

春先の肌荒れ。

一言で言っても、その原因は人によって様々です。

他の季節と同じ様に、外気の乾燥や気温の変化によって荒れが生じる場合もありますが、

実は花粉症の症状として肌荒れになってしまっている場合も多々あるようです。

このように言うと、「え?花粉なんかで肌荒れするの?」と

不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに肌荒れは、花粉症の症状としては比較的マイナーな部類なのかもしれません。

「花粉症と肌荒れ、ちょっとイメージ沸かないわ」という方のために、

花粉症による肌荒れのメカニズムを簡単にご説明しましょう。




花粉症による肌荒れは、バリア機能の低下したお肌に

花粉が侵入することによって引き起こされます。

このバリア機能の低下は、乾燥や紫外線といった外的要因の他、

花粉症のために目を擦ったり鼻をかんだりすることによる摩擦によって引き起こされます。

ですので、目のかゆみや鼻水といった症状とは少し遅れて、

肌荒れの症状が出る場合がほとんどです。

症状の特徴は、首~顔にかけての荒れやかゆみ、炎症、吹き出物が代表的。

とりわけ目の周りや小鼻など、花粉症によって頻繁に摩擦刺激を受ける

周辺に荒れが生じる場合が多いのが特徴です。

確かに目を掻きむしった後や鼻をかんだ後、ファンデはごっそりとれて、

その部分は赤くなっています(笑

分かりやすく言えば、この赤みこそが肌荒れの一種です。



この例えで、少しはイメージしていただけたでしょうか??

ちなみに擦って赤くなってしまった部分、お化粧直しをしようとしても

絶対うまくファンデがのってくれないんですよね(笑)

花粉症による肌荒れが生じてしまった場合、

まずは基礎化粧品を刺激の少ない優しいものに変えるのがオススメです。

「荒れた肌を早く直したい!」という一心でつい、

色々と買い揃えてべったりと塗りたくなってしまいますが、コレは間違い。

これでは結果的にお肌に負担をかけることになってしまい、逆効果です。

とにかくお肌に優しい敏感肌用ものを選んで、お肌を休ませてあげることが大切!

信頼できるブランドのものをシリーズ使いすることで、さらに効果アップが期待できますよ^^



WASSER(バッサ)のアイテムは、どれも安心の無添加・オイルフリー。

花粉症によって荒れたお肌にも優しく浸透し、お肌の状態を良好に整えてくれます。

初めての方は、トライアルセットのファーストバッサでその効果を実感してくださいね♪
[PR]
by wasser_info | 2011-03-08 17:21