タグ:肌ダメージ ( 1 ) タグの人気記事
花粉の季節のスキンケア
屋外では冬らしい寒さが続きますが、最近では陽射や空気に

少しずつではありますが、春の訪れが感じられるようになりました。

天気予報を見ていると、

「そろそろ花粉の飛散が始まっている」とのこと。

暖かな春の季節に一歩、また一歩と近づいていくのは良いことですが、

同時に花粉症の方にとっては辛い時期にさしかかろうとしています。



そこで今回のテーマは、『花粉の季節のスキンケア』。

本格的な花粉シーズンを前に、

春先のスキンケアの基本をしっかりと心得ておきましょう!



さて、こちらのブログでも以前、

『花粉症による肌荒れ』というテーマで、

花粉症が肌にもたらすダメージについてご紹介したことがあります。

まずはそちらをお読み頂き、

花粉の季節特有の肌メカニズムを今一度おさらいしてみてください。

今回はこの基本をおさえた上で、

「では、具体的にどんなことを心がけたらいいの?」

という疑問にお答えしたいと思います。

花粉によりお肌のバリア機能が低下している時には、

刺激の少ない化粧水やローション、保湿効果の高い乳液や美容液等で

しっかりとお肌を潤してあげることが大切です。

その際には、ぽんぽんとお肌にたたきこむ様に馴染ませていくことが重要。

ちゃんと保湿したいからといって、お肌にすり込むようにしてしまうと

デリケートになっているお肌の表面が摩擦で傷ついてしまいます。

また、ファンデーションは

油分の少ないものを薄く伸ばしていくよう、心がけて下さい。

その際、化粧下地をしっかりとのせておくことで、

薄づきのファンデーションでも高いカバー力が期待できます。

シミやくすみを隠そうとするあまり、

ファンデーションやコンシーラーをのせ過ぎるのは避けましょう。

花粉の季節は目をこすったり鼻をかんだりすることでメイクが崩れやすい時期ですし、

何よりも、肌表面の過剰な油分に花粉が付着し、一層辛い思いをすることになります。

そして、帰宅後はしっかりと洗顔して

肌に付着してしまった花粉を洗い流してあげることです。

その際には、メイククレンジングと通常の洗顔をダブルで行いましょう。

一般的には「ダブル洗顔はお肌に悪い」というイメージではありますが、

洗顔後も花粉がお肌に残ってしまっている状態の方が、

お肌への負担になる他、炎症やかゆみの原因にもなってしまいます。

洗顔の際にゴシゴシとお肌をこすらないこと、

そして、洗顔後には十分に保湿してあげること。

この2点に注意すれば、ダブル洗顔も絶対悪とはなりえません。


一年の中でも、お肌が一層敏感になる花粉の季節。

日々のスキンケアを正しく実践することで、

美肌キープに励みましょう!
[PR]
by wasser_info | 2012-02-20 14:36