タグ:美肌 ( 17 ) タグの人気記事
美容に効く!チョコレート活用法
気がつけば2月も半ば。

もうすぐバレンタインデーですね♪

百貨店の特設コーナーには様々な種類のチョコレートが置かれていて、

見て回っているだけで幸せな気分になれちゃいます。

最近では、動物やスイーツの形をモチーフにした

可愛らしいチョコレートがたくさん売られているんですね。

男性への贈り物というよりも、

完全に女性同士の「友チョコ」仕様のチョコがたくさん!

バレンタインは、すっかり女性のためのイベントになりつつあります^^;




さて、バレンタインといえばチョコレート。

「チョコレートはニキビの元だし、極力食べないようにしてるの」

なんて方も多いのではないでしょうか?

確かに、食べすぎは良くありませんよね。

しかしながら、一概に“チョコレート=お肌に悪い”

と決め付けてしまうのは、実はとんでもない誤解なんです!

チョコレートの成分をじっくりと見てみると、

実は美肌に欠かせない要素がたっぷり含まれていることが分かります。



そんなわけで、バレンタイン直前の今回のテーマは

『美容に効く!チョコレート活用法』☆

チョコレートを食べて、美味しく楽しく

ハリ&ツヤ美肌をゲットしちゃいましょう!



それでは、具体的にチョコレートのどんな成分がお肌に良いのかを

ご紹介していくことにしましょう。


チョコレートの成分を言葉で表現するなら、

“ミネラルの宝庫”。

この一言に尽きます。


チョコレートには、

・たんぱく質の合成やホルモン分泌といった代謝を促す「亜鉛」

・健康的な肌ツヤを維持してくれる「鉄」

・体の余分な水分をコントロールしてくれる「カリウム」

・エネルギー代謝やたんぱく質合成に不可欠な「マグネシウム」

・イライラや緊張を和らげてくれる「カルシウム」

といったミネラルがぎゅっと凝縮されている食べ物なのです。

また、腸内環境を整えて便秘を解消してくれる「食物繊維」も豊富に含まれています。

食物繊維は、1日の食事の中で必要量を摂取することが難しいとされている栄養素です。

ですが、カカオ70%のチョコレート100gには、

成人女性が1日に必要とされている約24gの食物繊維が含まれているのです。

板チョコ1枚が大体70gほどですから、おやつに板チョコ半分を食べれば

食物繊維1日分の約1/3が摂取できてしまうというわけです。

これって、ちょっと驚きの事実ですよね?



さらに、チョコレートに含まれる「カカオマスポリフェノール」という抗酸化物質は、

お肌のシミやくすみの原因となる活性酸素を除去してくれるとも言われています。

美味しく食べることが出来て、しかもお肌の老化防止に効果のあるチョコレートは

まさに理想的な美容食であることが分かりますよね。



いかがでしょうか?

チョコレートには美肌作りに欠かせない要素がたっぷり含まれていること、

お分かりいただけたでしょうか?

しかしながら、いくらチョコレートがお肌に良いといっても食べすぎは禁物です。

チョコレートの食べすぎはカロリーの過剰摂取につながる他、

チョコレートに含まれる脂分が過剰な皮脂分泌を引き起こし

ニキビの原因ともなりえます。


チョコレート1日分の目安は、およそ30g。

メーカーにもよって若干の差はありますが、概ね板チョコ半分量です。

また、チョコレートを選ぶ際には、カカオ含有量をしっかりと確認して下さい。

甘いミルクチョコレートには、

美肌に効果のあるカカオがあまり含まれていないケースがほとんど。

出来れば、カカオ70%のものがオススメです。


バレンタイン目前ですが、こんな記事を読むと

自分用にチョコレートを用意したくなっちゃいますよね^^;

今年は本命チョコ、義理チョコ、友チョコに加え、

“自分チョコ”と称して、薫り高い高カカオチョコレートを購入してみてはいかがでしょうか?

今年のバレンタイン、「美味しく、キレイに」がキーワードです♪
[PR]
by wasser_info | 2012-02-09 23:53
秋・冬肌の潤い対策
最近では、夜になると妙に肌寒さを感じる日が多くなり、

今年も少しずつ冬の足音が聞こえてくる季節となりました。


気がつけばもう10月も下旬。

ふと口ずさむ曲に、

早くもクリスマスソングが多くなってきた今日この頃。

(私だけでしょうか??)

皆様、風邪などひかれていらっしゃいませんでしょうか?



さて、秋から冬にかけてのこの時期。

お肌にとっては、

大きな変化をひとつ超える大切な時であると言えます。

季節の移り変わりよる様々な外的要素の変化と肌の関係性を見極めると共に、

それらに対応するための肌ケアの見直しが必要になってくるのです。

そこで、今回のテーマは『秋・冬肌の潤い対策』。

冬を目前に控えた今の時期だからこそ、

しっかりとご自身のお肌の状態を把握し、

適切なケアを心がけてくださいね♪


では、早速季節の変わり目に伴うお肌の変化を

正確に知っておくことにいたしましょう。

方法は至ってシンプル。

夜、いつものようにメイクを落とした後(必要な方はダブル洗顔後)、

化粧水等一切何もつけずに30分間ほど時間を置いてください。

ただそれだけです。

いかがでしょうか?

・時間が経つにつれ、ツッパリ感が出てきた
・場所によってはカサつき気味の箇所もちらほら
・毛穴が目立ってきた
・肌がこわばってきたような感じ

上記の状態に、変化してきてはいないでしょうか?

お肌本来のターンオーバーが正常な状態にあり

お肌のバリア機能が低下せずに保たれている場合、

30分程度が経過したところでほとんど変化は見られないはず。

しかしながら、「早く化粧水つけないと!」

と思えるような状況になってしまった場合には、

残念ながら“現在肌バランスが不安定な状態にある”

と判断することが出来ます。

秋・冬のお肌の不安定さは、

お肌表面のバリア層(必要な角質層)がはがれてしまっている証拠。

そのために、乾燥が進行していくスピードが速まってしまっているのです。

これからさらに厳しい冬の季節を迎える前に、

早急に正しい肌ケアを実践していく必要があります。


それでは、ダメージを受けてしまったお肌の為に、

私達は何をすべきなのでしょうか?

まずは、洗顔方法の見直しです。

刺激の強い成分の洗顔料やゴシゴシとこするやり方で、

肌に必要な潤いまでをも取り去ってしまうのはNG!

肌に優しい成分のものを使い、

メイクや汚れをゆっくりと時間をかけて浮き上がらせるイメージで

丁寧に洗い上げていきましょう。


「メイクには時間をかけるけど、洗顔は手早く済ませたい」

という方もいらっしゃいますが、

“手早く落とす=刺激が強い成分or強い力でこすっている”

のどちらか(もしくは両方!)であることを忘れないで下さい。

洗顔の後は、保湿力の高い化粧水や美容液で

たっぷりとお肌の潤いを与えます。

その際、コットンや台所用ラップフィルム等で肌を覆い、

パックのようにして10分程度時間をおくと、一層効果的です。

そして最後に、良質なビタミンの摂取を心がけることです。

美肌効果の高いビタミンC、B、Eは“水溶性ビタミン”と呼ばれ、

体外に流れ出てしまう場合が多く、

常に不足しがちな栄養素であると言われています。

果物や野菜を意識的に摂取し、

身体の内側からの改善を図ることが大切です。


ご自身の身体の声に耳を傾けてあげることは、

美肌作りを含めた体調管理においてとても重要なこと。

特に、季節の変わり目は色々と変化が出やすい時期なので、

ぜひ意識してみて下さい。
[PR]
by wasser_info | 2011-10-19 21:05
『紅葉メイク』で秋色FACE♪
すっきりと晴れ渡った、心地よい秋の空・・・。

ほんの少しオレンジがかった秋の陽射は夏のそれとはまた違った

穏やかな雰囲気を感じさせてくれます。


秋ならではの楽しみといえば

やはり“紅葉めぐり”ではないでしょうか。

赤や黄色、オレンジに色づいた山の木々は、

一年のうちでも最も特別な美しさを演出します。

そんな“彩りの秋”だからこそ、

私達のデイリーメイクにも何かひと工夫が欲しいところです。



そんなアナタに今回ご紹介するのが、今秋お勧めのメイク術。

2011年秋注目の『紅葉メイク』です♪

アクセントカラーに秋色をふんだんに取り入れて、

いつものメイクに秋らしさをプラス。



私達の表情にも秋ならではの季節感を取り入れて、

今秋の旬顔でばっちりキメてみませんか?



『紅葉メイク』のポイントは何といっても秋色アイシャドウ☆

オレンジや黄色といった紅葉カラーがこのメイクのアクセントなんです^^


まずはパールのシャドウをアイホールにのせ、全体をトーンアップします。

そしてお次に、ブラウンの濃淡カラーを

アイホール全体にグラデーションになるようにオン。

ここまでは、通常のメイクと同じですね。


『紅葉メイク』の仕上げはここから!

まず目頭部分~中央にかけて

ブラウンのアイシャドウを入れていきます。

その後、中央~目尻にかけて

黄色や赤、オレンジといったポイントカラーをのせていくんです♪


単色ではちょっぴり使いにくいお色でも

ブラウンと一緒に重ねることで

“フツウっぽいのにさり気なく旬顔”な雰囲気に。

「普段あまり目立つ色のアイシャドウは使わないんだけど・・・」

という方でも、無理なくチャレンジ出来ちゃいますよね^^


目尻にのせた秋色を引き立たせるために、

アイライナーはブラウンのペンシルをぼかして

あくまでナチュラルに仕上げると○

マスカラは、一本一本を細く長くみせるタイプをセレクトして、

あくまでエレガントな雰囲気を演出するのが良いでしょう。

これで2011年『紅葉メイク』の完成!

面倒なプロセスは一切なし、とても簡単に旬顔に大変身です♪


魅力的な秋色メイクをより一層美しくみせるためには、

もちろん毎日の美肌作りが重要!

「良質な栄養摂取」と「十分な睡眠時間の確保」に加え、

まだまだ夏のダメージが残る秋肌だからこそお肌にしっかりと潤いを与えて

“しっとり&プルプル美肌”を手に入れてくださいね。


山へ街へ、お出かけが楽しい“行楽の秋”です。

今日ご紹介した『紅葉メイク』で

今秋も素敵な思い出をた~くさん作って下さい^^
[PR]
by wasser_info | 2011-10-11 20:13
梅雨時期の美肌作り ~メイク編~
今年は例年よりも早く梅雨入りしました。

「早く梅雨に入ったんだから、その分梅雨明けも早いのでは?」

つい先日までそう勘違いしていた私ですが、実はそうわけでもないことを初めて知り、

ブルーな気分の今日この頃です。

どうやら今年は例年以上に根気良く、

この「ジメジメ・ムシムシ」と付き合っていかなければならないようです。


さて、梅雨真っ只中の6月前半、テーマは『梅雨時期の美肌作り~メイク編~』!

“メイクの仕上がりの90%を決める”と言っても過言ではない、

ファンデーションの上手な塗り方をご紹介しましょう。



まずは本題に入る前に。

梅雨時期でお肌の調子が悪いと、どうしてもファンデーションの量が多くなりがち。

まずは前回の記事(『梅雨時期の美肌作り~スキンケア編~』)を今一度おさらいして、

お肌のコンディションをベストな状態にしておきましょう。



それでは早速本題にいきましょう。

化粧水と乳液でお肌を整えた後、まず忘れてはいけないのがメイク下地を塗ること。

特にリキッドファンデーションをお使いの場合、

「べたっとするので下地は塗らない」という方がいらっしゃいます。

ですが、これは大きな間違い。

メイク下地はファンデーションの密着度を高める大切な役割を果たすとともに、

化粧水や乳液で潤ったお肌の水分の蒸発を抑える大切な働きをします。

このプロセスを省いてしまうと、お肌の水分が

ファンデーションによって奪われることにもなりかねません。

乾燥はお肌の大敵、必ずメイク下地でお肌をしっかりと保護してあげて下さいね。

メイク下地を塗る際には、ファンデーション同様塗り過ぎに注意しましょう。

また、塗った後には肌表面をスポンジで軽く押さえてあげると、余分な油分が取れ、

ファンデーション崩れにくくなります。


下地でお肌を整えたら、ファンデーションを塗っていきます。

パウダーファンデーションの場合、顔の中央から外側に向けて、

少しずつ滑らせるように放射線状に伸ばしていきます。

適量は、ファンデーションをスポンジの1/4程度にさっと取った程度。

目の周りや口元はつい厚めに塗りたくなってしまいますが、

顔の中でも特によく動かす部分だからこそ、なるべく薄く塗ることを心がけて下さいね。

また、リキッドファンデーションの場合は、頬、額、顎というように

顔のパーツの中で面積の広い部分を中心にファンデーションを置いていきます。

その後、指の腹で伸ばしていくのですが、その際のポイントは「素早く広げること」。

各パーツに置いたファンデーションは、時間が経つにつれどんどん乾燥していきます。

乾燥してしまうと伸びが悪くなり、その結果ファンデーションの厚塗りの原因となります。

基本的に、ファンデーションは最初に各パーツに置いた量から追加してはいけません。

目の周りや口元等の気になるパーツには、余ったファンデーションを伸ばす、

もしくはスポンジを使ってよくたたき込むようにすると厚塗りを防ぐことができます。



ここまで、「ファンデーションはなるべく薄く」と何度も繰り返してきましたが、
「それでは心もとない!」という方がほとんどだと思います。

目の下のクマ、ソバカス、シミ、赤み・・・そういったお肌の悩みは

コンシーラーにお任せしましょう。

気になる部分にちょんちょんと少量のコンシーラーをのせ、

周囲との境目が目立たなくなるように優しく伸ばします。

その際に、あまり力を入れて伸ばしてしまうと、

ファンデーションまでヨレてしまうので注意しましょう。

また、コンシーラーの量が多すぎるとかえって不自然になってしまいます。

量の加減が難しい場合には、コンシーラーをチップにのせて塗ると失敗が少なくなります。

さぁ、美肌完成まであと一息。

メイクの仕上げに、大きめのブラシに少パウダーファンデーションを少量とり、

顔中央から外側に向けて、ブラシを撫でるように優しく滑らせていきます。

仕上げにこのひと手間かけることで、ふんわり優しい質感のお肌を

手に入れることができちゃうんですよ。


前回と今回、2回に渡って梅雨時期の美肌作りのポイントをご紹介してまいりました。

今年は長梅雨になるとの予想が出ていますから、

梅雨時期のメイク対策は万全にしておきたいものです。

何かと憂鬱な梅雨の季節。

この記事を読んだ皆さんがばっちり美肌を手に入れて、

少しでもHAPPYな毎日を過ごせますように☆
[PR]
by wasser_info | 2011-06-09 16:06
雑穀米で美肌づくり
最近美肌にダイエットに効果テキメンと言う事で、流行の雑穀米。

パッケージもオシャレになって販売されたりして大注目!!!

美容にも関心が高まって雑穀ダイエットや雑穀で

美肌など効果も期待されています。

お弁当屋さんでも、白米と雑穀入りが選べるなんて当たり前になって来ました。

私たちの肌や体にどんな効果があるのでしょう~???

健康や美容などについて少しお話したいと思います。


★雑穀の素晴らしさ。

昔は雑穀米が主流だったんですよね。

今は当たり前に白米を食べていますが、

昔はひえ、きびだけで食べていたなんて考えられないでしょ~

つやつやのほかほかの白いご飯が主流になると

雑穀の姿は無くなっていったのです。

しかし最近は健康ブームにより、

麦、粟、きび、ひえ、豆など、日本人が昔から食してきた穀物が注目されてきました。

しかも50円増し、100円増しで、白米を雑穀に変えてくれる

お弁当屋さんやレストランが多く目立ちますね。

精米に比べて、雑穀はビタミンB群やミネラル、食物繊維が豊富で

血液をサラサラにしてくれます。

夜型の暴飲暴食の生活の方は取り入れてみてはいかがでしょう。

是非とも、生活習慣病の予防に毎日食べてみてください。

運動した時の様に余分な塩分を体外に排出する

カリウムによりデトックス効果があります。

カルシウムは血管壁への沈着を防いで動脈硬化を予防するんです。

マグネシウムインスリンのは構成成分で

動脈硬化を予防する亜鉛などがあるんです。

聞けば聞くほど毎日食べたくなるでしょ~

その他、便秘には最高なんです。

何十年も悩んでいたのに、嘘の様に毎日快便です。

と、言う事は、大腸がんの予防にもなり、

コレステロールの吸収を抑えてくれる優れものなんですね。

食物繊維が大変豊富なので便秘だけでなく、

血液をサラサラにしてくれて、血行促進にも良いんです。

そして大麦にも食物繊維が多く含まれていて、なんと精米の約18倍も!!!

脂質や糖質の代謝まで促進しちゃいます。

高脂血症や糖尿病、動脈硬化の予防などの改善にも役立つようです。

脂質代謝を活性化するビタミンB群も大変豊富に含まれ、

きびや粟、ひえなどのたんぱく質には、精米に比べて栄養価が高く、

長寿を招く健康食品と言うわけです。

雑穀の栄養価をご理解頂けましたでしょうか?

雑穀米は、文字通りお米に雑穀を混ぜ合わせた食べ物。

最近のダイエットは危険が一杯です。

お米大ファンの私は考えられないのですが、

炭水化物ダイエットが流行して、生理不順になってしまったり、

物忘れがひどくなってしまったり、3食しっかりご飯を食べないと

病気にも弱くなるようです。

白米など足元にも及ばないビタミンやミネラルなどの栄養素が

雑穀米には豊富に含まれているんです。

美容効果だけでなく、骨粗しょう症にも有効で、

高血圧や糖尿病予防などにも効果のある成分です。

雑穀米って食物繊維の王様ですね。

生活習慣病対策に優れ、美容効果やダイエット効果が期待できる

雑穀米を取り入れて美肌と健康になりましょう。

この夏紫外線も気をつけて、雑穀食べて、体内外のケアをいたしましょう。

陽に焼けたら速、バッサプレミアムローションでお肌を整えましょうね。


by.ビューティーマリア
[PR]
by wasser_info | 2010-07-20 15:16
美白ほど美人を作る!!! 白さをバッサ化粧品で身につけよう!
「美白のお手入れを毎日していますか?」

続けられるリズムをつかもう。

“継続は力なり!メカニズムを知り美人肌を目指しましょう。


生まれ持ったDNA「筋金入りのシミだらけの肌」なんて悩んでいるそこのあなた!!!

美白ケアを実践してみませんか?

「ただ肌は基礎化粧品を使っているだけでは、美白にはなりませんよ。

バッサ化粧品で、たっぷりうるおって、透明感を出しましょう。


紫外線によるシミは、その日に退治します。

まず、家に帰ったらクレンジングに洗顔。

その後はバッサ美容液でマッサージして、10分ローションマスクをしましょう。


自分本来の美しさ”を取り戻しましょう。

バッサ化粧品での丁寧なケアの継続をすることで、友達と差がつきます。


日に焼けてしまった肌が黒くなった場合は

「紫外線で痛んだ肌細胞がメラニンを生産、次々と作られ、いらない角質と一緒に

角質層に押し上げら最後には垢となってはがれ落ちます。

28日周期で表皮細胞は新陳代謝(ターンオーバー)によってはがれ落ち、

肌本来の色に戻るのです。

白さも大事ですが、うるおいや透明感も大切なんです。

高い機能をもつバッサ化粧品で美白ケアが出来ます。

透明感はもちろん、うるおいやハリ、なめらかさなど、肌質そのものを

変化させましょう。


美白ケアで一番大切な事、日焼け止めを顔、手、足、ハンドクリームの様に塗りましょう。

朝洗濯物を干すだけでも日焼け止めを付けるように心がけましょう。


シミ、ソバカスの原因は紫外線だけではありません。

そして夏のダメージが秋には本格化するんです。

特に気温の低下や空気の乾燥は、夏以上に、肌に透明感のなさを感じます。

シミやソバカスが濃くなったりする時期の前にバッサでお手入れいたしましょう。

秋になると肌がくすんできたり、ファンデーションの色が合わなくなるなんて良く聞きますね。

歯磨きの様な習慣を付けましょう。


毎日のケアはとても大切。今日のお手入れが10年後の肌を作りますよ。

過去に紫外線を浴びたことで過剰なメラニン生成が始まると、紫外線を浴びなく

なった後もメラニンが過剰生成され続けるサイクルに陥ります。

秋になれば気温の低下や乾燥で、ターンオーバーが滞り、

色素沈着に拍車をかけることになってしまいます。

肌の悪循環を助けるバッサの美容液。

シミは突然現れる訳ではなく、蓄積された紫外線ダメージ肌が表面化した状態。

だからこそ、一年を通じてバッサ化粧品でのケアを続ける必要があるのです。


ステップ1、クレンジング

ステップ2、洗顔

ステップ3、バッサ美容液一回つけて乾いたらもう一度つけてマッサージ。

ステップ4、バッサローション、コットンに含ませてローションパック。

ステップ5、バッサ美容液目の周り、口の周りにつけて両手でプレス。

このステップを毎日行う癖をつけましょう。

さあ~美白美人になりましょう。
[PR]
by wasser_info | 2010-07-10 14:40
美肌と健康にヨーグルト
ヨーグルトは美容にいいというのは常識になってきましたね。

化粧品にも配合されて洗顔などにヨーグルトエキス配合と書いてあるのをよく拝見します。

モデルさんはよく食前に召し上がっていますよね。

ダイエットには効果的らしいそうです。

さて、皆さんはどんな美容効果があるのかご存知でしょうか?

はっきりと分からないけどなんとなく召し上がっている方も多いはず。

私は以前ダイエットで甘いものや食事を我慢してヨーグルトをよく食べました。

もっと美容効果を知って得した気分でヨーグルトを食べませんか。



☆ヨーグルトを美容の味方にしよう。

ヨーグルトは、牛乳、乳製品を乳酸菌または、酵母で発酵させ、

独特の風味を出したもの。

乳酸菌には、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ブルガリア菌、サーモフィルス菌、ヤクルト菌などがあります。

ヨーグルトは3大栄養素 (炭水化物・たんぱく質・脂質)をすべて含でいるのです。

その他やカルシウムなども含み素晴らしい良質な栄養食品なのですね。

ヨーグルトの元になっている牛乳ってたんぱく質源としては完璧に近いんですよ。

しかも、乳酸菌の働きによっては、必須アミノ酸の割合が増加するんです。

アミノ酸はバッサにも配合されていますね。

消化酵素による作用も受けやすいんですって。

モデルさんが食事前に食べるのはこんな理由と脂質が体内に吸収されにくいんだそうです。

また、ミネラルとしてはリン、また女性に不足しがちな鉄分の摂取も期待できるので

貧血の方にもうれしいですね。

乳酸の酸味って食欲が増進すように思いますがいかがでしょうか?

風を引いて食欲がない時にでも召し上がりやすいですよね。


○善玉菌

人間の肌は弱酸性です。そして本来は肌だけではなく人間の胃や腸も、

ウィルスや細菌にやられないように酸性に なっています。

しかし、最近の食生活の変化やストレスなどにより、

腸がアルカリ性になってきているらしいです。困ったものですね。

その原因を作り出している犯人が悪玉菌なんです。

悪玉菌がつくりだす有害物質のせいで腸内がアルカリ性に傾いてしまいます。

アルカリ性になった腸では病原菌が増加してしまい、

肩こりや肌荒れになってしまうのです。

特にニキビが出来る方は、バッサでお手入れしてもなかなか治らない方は

腸内がアルカリに傾いているかも!?疑ってみましょう。

腸内を酸性にし、美肌と健康を保つために必要な善玉菌。

これを増やす効果があるのがヨーグルトなのです。

ヨーグルトの乳酸菌が腸を健康な状態に保ち、新陳代謝を高めてくれるのです。



◎免疫機能の活性化もしてくれます。

腸壁が本来持っている免疫機能を活性化させ、

免疫物質の分泌を促して抵抗力を強化します。

ウィルスを攻撃したり、ガンや感染症に対抗する力も強めます。

ビフィズス菌の腸内での活躍はまさに正義の味方。

しかし、これらの効果は1回ヨーグルトを食べたから得られるというものではなく、

毎日食べ続けることによって次第に効果が確実になっていきます。

つまり、ヨーグルトを常食すれば慢性の便秘や下痢が改善され、

腸の状態を若々しく保つことができ、それが体全体の新陳代謝を高め、

ひいては細胞の老化防止や肌の若返りが促進されます。

古来、不老長寿の妙薬として珍重されてきたヨーグルトの秘密はここにあったのです。



○健康的にスリムになりたい。

キレイを手に入れたい。

メイクや運動だけでなく、正しい食生活と乳酸菌の活用を通じた内側からのケアも大切です。

体の中から正しくキレイになりましょう。


○美肌と乳酸菌の関係

肌のトラブルの原因は様々です。内臓の状態が及ぼす影響もそのひとつ。

腸内環境を整えて肌本来の健康を取り戻しましょう。

スーパーに行くと色々並んでいましたのでいくつか買ってみました。


f0179665_10205455.jpg



◇「明治ヨーグルトR-1 ソフトタイプ」(112g)
・1073R-1乳酸菌を使用した、食べるタイプのヨーグルトです。
・爽やかな酸味とすっきりした甘みが味わえます。



◇「meiji Yoplait」
は、「Joy&Fan!! 食は楽しい」を掲げ開発された新商品2種。
一品は、子どもを主なターゲットに設定したチューブタイプヨーグルト「グルト!」(40g×6、258円)。
スプーンいらずで、“チューチュー”とお手軽に、簡単に食べることができるヨーグルトだ。


◇ダノン
新鮮な生乳とダノン独自の乳酸菌をじっくり発酵させてつくった本格派ヨーグルト。
ヨーグルトのベストセラー。


◇MEGMILK
フィズス菌SP株は、生きて腸まで届き、腸内で善玉菌として活動します。
「生きて届けるビフィズス菌ヨーグルト」には、ビフィズス菌の餌となる「ガラクトオリゴ糖」を配合。
腸に届いたビフィズス菌が、元気に活発に活動できるよう配慮しました。


◇ヤクルト ソフール プレーン
生きて腸で働くヤクルト菌(L.カゼイ・シロタ株)
「プロバイオティクス」とは腸内菌のバランスを改善することにより、
ヒトに良い働きをする生きた微生物やそれを含む食品などのことです。
許可表示:生きたまま腸にとどくヤクルト菌(L.カゼイ・シロタ株)の働きで、
おなかの中の良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内環境を改善し、おなかの健康を守ります。


◇よつ葉 北海道十勝プレーンヨーグルト 生乳100%
砂糖不使用 成分無調整
プロバイオティックビフィズス菌Bb-12
北海道十勝産の生乳を成分無調整のままヨーグルトにしました。



◇タカナシ北海道ヨーグルト プレーン 北海道生乳使用
のビフィズス菌は、腸に働き、腸内菌そうのバランスを安定させます。
生きた乳酸菌は腸の運動を促し、タンパク質・カルシウムなどの消化吸収を助け、身体に良い働きをします。



◇信州八ヶ岳 ジャージー生乳ヨーグルト プレーン
カルシウム109mg
腸で働くLB81乳酸菌
許可表示:LB81乳酸菌の働きにより、腸内細菌のバランスを整えて、おなかの調子を良好に保ちます。




ヨーグルトのビタミンは美肌には欠かせないビタミンAや、B1など、

疲労回復や糖質の燃焼にも効果のあるビタミンB2も豊富なんです。

その他、パンテトン酸、ピオチン、コリン等のよい供給源になっているんですよ。

200mlでなんと日本人の平均的なビタミンの不足分を補うことができちゃいます。

ヨーグルトを味方に付けて美肌になりましょう。

毎日食べて美容と健康に取り入れてみてはいかがでしょうか!!!
[PR]
by wasser_info | 2010-04-12 10:23
ショウガを食べてビューティーを目指そう!
「体内を美しくするショウガ」

最近はしょうがブームで食品メーカーから

味噌汁やジュースの新商品が目立ちますね。

お得な美味しさがあると思うのは私だけでしょうか?



ショウガ料理を食べたり飲み物を飲むと身体はぽかぽか。

ショウガには血行を良くして身体を温める効能があるんですね。

一般的には薬味や料理の下味などで良く使われていますね。

豚肉のショウガ焼きが個人的には大好きです。

海外では化粧品やハーブやクスリのように用いられることもあります。

タイに旅行に行った時に、ショウガティーのコーナーが壁一面あったので驚きました。

パッケージもヨガのポーズの女性とかダイエットのイメージが多かったようです。

特にフランスではショウガは精力剤として利用されているんですって。

聞いて驚いちゃいました。

それってどんな量をいただくのでしょうね~。

身近な食材の「ショウガ」の持つ成分や色々な効能を上手く使いこなして、

ビューティに役立てていきましょう。




◆生姜の効果で美肌を手に入れよう。

生姜の持つ効果って血液の循環をスムーズにしてくれます。

身体はぽかぽかして冷え性の方には毎日取り入れたいですね。

また、知らない方も多いと思いますが、気分の悪い時にショウガ湯を飲むと、

吐き気をとめる効果もあるんですよ。

乗り物酔いにも効果があるようです。

発汗作用や循環機能の活性化などの効果から、

解毒の効果があるとして、美肌に大変効果的でしょ!!!

下痢や便秘の解消にも効果があるといわれているんです。

生姜を食用として取り入れる際には、生の生姜で一日小さじ1杯程度、

乾燥生姜の場合は1~4gを目安に摂取するとよいといわれています。



◆しょうがの効能と成分

しょうがに含まれる成分には昔から様々な効果があると言われ、

含まれる成分についての研究もいろいろ行われてきました。

最近では生姜に含まれる成分だけを精油として取り出したりして

生姜の薬効成分だけを利用することも盛んに行われています。


◆しょうがの香り・刺激成分

しょうがには独特の刺激を持つ香りや風味があります。

生姜に含まれる成分には、生姜の皮のすぐ下の部分から抽出される

精油に含まれる成分と、しょうがの澱粉質に含まれる成分があります。

生姜には昔から風邪を予防する効果や生姜は体を温めてくれる効果以外にも

殺菌作用や食欲増進の効果もあります。

ダイエットに利用されることもあります。

また、食べるだけではなく外から塗ったり貼ったりすることで

咳を和らげるためにも使われてきました。


◆風の予防にも
風邪は体力や免疫力が低下している際にかかりやすいと言われています。

そのため、風邪っぽいときには、身体を温め循環機能を高めることで

風邪が悪化するのを防ぐことができます。

また、発熱がある場合には、生の生姜をすりおろし、

蜂蜜やレモンと一緒にお湯でわって飲むと発汗作用によって汗をかき、

熱を下げる効果があるといわれています。

生姜で「冷え」にサヨナラ!

今夜は美容ショウガごはん。


★ジンジャーミィートライス
■米3合(540ml)
■しょうが(あれば新しょうが)100g
■豚ひき肉150g
■(A) 豚肉の下味
・酒大さじ1
・うすくちしょうゆ小さじ1
■(B)
・酒大さじ2
うすくちしょうゆ大さじ1
だし適量
1. 米は洗ってザルに上げて水気をきり、炊飯器に入れ、水540mlを加えて浸水する。
2. ショウガは皮をむいて薄切りにし、さらにせん切りにしてザルに入れ、熱湯を回しかける。
豚ひき肉はボウルに入れて(A)を混ぜる。
3. 炊飯器に(B)を加えて混ぜ、(2)をのせて普通に炊く。炊きあがったら全体をさっくりと混ぜる。



★サンマの蒲焼きショウガ風味
■3尾
■みりん大さじ3
■酒大さじ2
■しょう油大さじ3
■ ショウガ5g
1. さんまは開いて骨を取る。
2. ショウガは皮を剥いてすりおろす。
3. フライパンに油を引いてサンマを焼く。
4. 少し焼け目がついたらみりんから入れ沸騰したら酒を入れしょう油、ショウガを入れる。
  焦げない様にフライパンを回して水分が無くなるまで煮詰める。

★チャイ
■ショウガ5g
■牛乳500cc
■砂糖小さじ4
■紅茶の葉小さじ5

牛乳に紅茶の葉を入れ一煮立ちしたらすりおろしたショウガを入れる。

お好みの量のお砂糖を入れる。

★アスパラとほうれん草とトマトのバターショウガ
■アスパラ3本
■ほうれん草一束
■プチトマト7~8個
■バター
■塩コショウ

野菜をバターで炒めてショウガを入れて塩コショウをする。

意外になんの料理にでもショウガって合うんですよね。

毎日ショウガを取り入れてもっと美肌を取り入れよう!
[PR]
by wasser_info | 2010-03-10 14:50
★クリスマスメイク★
★クリスマスメイク★

誰よりもきらきら輝く為に

クリスマスだからこそ取り入れたい、肌の美しさで差をつけよう!

このひと塗りがクリスマス美人肌を作ります。

ひとハケプラスで美肌ハイライトテクニック!


f0179665_8465849.jpg




ハイライトを入れてみよう!

顔の高い眉山にまずのせてから、下まぶたの際ギリギリに、

目頭の下から目尻の下の幅に、真横にひとハケする。

目の下ぎりぎりにも入れます。

1同様に目頭から目尻の幅で真横にひとハケ。



f0179665_848716.jpg




肌を磨いたような透明感を

薄いシルクのヴェールをかけたような明るさがのる

ソフトマットの質感のパウダーがお勧め。

大きなフェイスパウダーでつけましょう。

パーティでは、顔にもいつもより華やかさを

おでこに狭めに入れた後、鼻すじに沿って縦にブラシを動かして入れます。

あご先にごく軽くひとハケ入れて、完成。

ここはつけすぎないことがポイント。

チークの上からもひとハケぬります。

肌感・顔だちともに美人度をUPしてくれるハイライトはくすみを徹底的にはらう効果もあるんですよ。


f0179665_8494523.jpg





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


クリスマスパーティーには欠かしたくない、

なめらかな美オーラ肌を作るシアーなダイヤモンドクリーム

ダイヤモンドの輝きがくすみや影をはらい、内側から肌の透明感をアップ。

首や腕、ほほ骨につけましょう。


f0179665_8511455.jpg




f0179665_8515486.jpg




f0179665_8522975.jpg




指でぽんぽんと首にのせて均等に良く伸ばします。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*




透明感を与えてふんわりソフトな質感の目元にに整える淡いグリーンのアイシャドウ。

目頭から目じりにアールを描いてつけましょう。


f0179665_854279.jpg




淡いグリーンの上に濃い目のグリーンを重ねます。

小鼻と目頭を結ぶびブラシを上から小鼻に向かって斜めに三分の二位入れましょう。

グラデーションを効かせてエレガントさもプラスしましょう。


f0179665_8552123.jpg





目の下にも濃いグリーンを外側から目頭に向かって三分の二位入れましょう。


f0179665_856775.jpg




f0179665_8565989.jpg




キラキラ可愛い、クリスマスメイクアップマスターしましょう。


f0179665_858495.jpg





インパクトのあるキラキラメイクはクリスマスにピッタリ。


セクシーだけど可愛い~憧れるまなざしを!!!


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


f0179665_8591661.jpg




f0179665_902341.jpg



[PR]
by wasser_info | 2009-12-10 09:02
キレイでいるための「免疫力」
子供のころは考えてもいなかった不調や体のトラブル、肌荒れ。

ウィルスや病原菌に対して抵抗力が落ち、

いつも飲んでる薬にもアレルギーを起こす、そこのあなた、免疫力落ちていませんか?!

体はいつも戦っています。

元気でいるために免疫力を上げましょう!!!


【免疫力が弱い方の特徴】

1. 風邪をひいたらすぐ薬に頼る
2. 外国にいったりすると食べ慣れない食べ物にお腹を壊しやすい
3. 無理をするとすぐ体調が悪くなる
4. エアコンはいつもつけっぱなし
5. キレイ好きでなんでも抗菌しないと気がすまない
6. 流行の病気には敏感でインフルエンザもかかりやすい
7. 化粧品を替えると肌荒れを必ずおこす
8. 体を全身毎日ごしごし洗う、朝シャン夜シャンもする
9. ネガティブ思考。心配性


三つ以上当てはまる方は免疫力を上げるように心がけましょう。


☆欠かせない免疫力

人間が生きていく上でかかせない免疫力

免疫力ってなんだ???

免疫力が落ちると生活習慣病やガン、アレルギーなど、

病気にかかりやすくなります。

体のどこで働いているか知っていますか?

年を重ねるごとに免疫力は低下していきます。

免疫力の強い人は何が違うんでしょう?

日頃から免疫力強化を心がける生活をしていると病気にもかかりにくくなります。

ぜひ少しずつでも免疫力を高める努力をしていきましょう。


ウィルスや病原菌に対して戦うのが免疫力。

異物や外敵から身を守るために、24時間年中無休で働いているシステムが免疫力です。

免疫力は個人差が大きいようですが、この差はどこから生まれるのでしょうか?

免疫を担う細胞の強弱は、ほとんど遺伝子によって決まっていますが、

もちろん後発的な要因も大きく関係しています。

感染症に関しては感染経験があれば、免疫力が強化されます。

ストレス社会が免疫力を弱らせることもわかってきました。

免疫力の低い方はストレス過多である事は確かなようです。


【免疫力を高める成分】

★エキナセア

エキナセアはハーブの一種で抗ガン作用、免疫力回復に効果があります。

日常の食事ではなかなか摂取できませんが

最近ではエキナセアのサプリメントが数多く販売されています。


★プロポリス

プロポリスはご存知、蜂の巣から採れます。

こちらも免疫力を高める効果があり

サプリメントから摂取できます。



★免疫ミルク

免疫ミルクは牛の初乳を原料とする健康食品です。

ウイルスなどから身を守る抵抗力、免疫力を高める作用があり最近特に注目されています。

ラクトフェリンとも呼ばれ、サプリメントサプリメント、ヨーグルト、ミルクなど、

健康食品として販売されています。



★アロエベラ

アロエベラは免疫力を高める作用のほか皮膚の老化防止にも効果があります。



★ポリフェノール

ポリフェノールは植物の成分で苦味や渋みのある植物に多く含まれます。

最近では赤ワインで有名になりましたね。

免疫力を高める効果はもちろん抗がん作用、動脈硬化、

他にも様々な生活習慣病の予防に役立ちます。



★トランスファーファクター

あまり聞きなれない言葉ですが、免疫力を高めるに当たって

トランスファーファクターはかかせない成分の一つです。

トランスファーファクターは鳥の卵等に含まれています。





ところで鳥は、健康のためにも馬鹿にできないのですよ。

胸肉には疲労回復や抗酸化作用のある「アンセリン」という物質が豊富に含まれます。

また、軟骨にはこれも強力な抗酸化作用のある「セレン」が含まれます。

抗酸化作用というのはその文字の通り、酸化(簡単に言えば体が錆びつくこと)を防ぐ作用。

つまり老化やガン細胞を抑える働きです。もちろん免疫力アップに効果的です。

自分の免疫力を知って、免疫力を上げましょう!!!


f0179665_129297.jpg


[PR]
by wasser_info | 2009-11-20 11:54