タグ:洗顔 ( 4 ) タグの人気記事
保湿重視で春先もツヤ&ウル美肌
最近、少~しずつではありますが

暖かく感じられる日が徐々に増えてきましたね。

朝起きて、

「あ、今朝は暖房なしで大丈夫かも!」

と感じられると、

朝から嬉しい気分になれます。

こうして、一歩一歩

季節は確実に春に向かっているのですね^^

桜の季節が待ち遠しい今日この頃です。



春と言えば、新生活の始まりや出逢いの季節。

ぐんと気分が高まる季節ではありますが、一方で

“一年の中でも特にお肌が不安定な状態になりやすい時期”

であるというのをご存知でしょうか?

冬から春への季節の変わり目は、

実はお肌の変わり目でもあるんです。



そこで今回は、

『保湿重視で春先もツヤ&ウル美肌』というテーマで

春ならではのスキンケアのポイントを解説していきましょう!



まず、春先の私たちのお肌の状態について、

簡単に触れておくことにいたしましょう。

私たちのお肌は、気温が高くなると

皮脂分泌がぐんと活発になります。

暖かな春風にのって空気中を舞う花粉やホコリは、

肌表面の皮脂に付着し、そのままにしておくと

様々な肌トラブルを引き起こします。

また、紫外線量がぐんと増える時期でもありますから、

しっかりとUV対策をしておかないと、

「知らない間にシミやそばかすが増えていた・・・」

なんてことにもなりかねません。

さらに、新生活の始まりによって自律神経が乱れてしまうと、

肌再生のサイクルにも悪影響を及ぼすようになります。

油分や水分のバランスや血液循環の悪化が、

吹き出物や肌荒れの原因になることも少なくありません。

これらの要因から

「春はお肌がデリケートになる時期」、

そう心得ておいて間違いないと言えるでしょう。


それでは、不安定な季節にもしっかりと美肌を保つために

私たちは日々どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

まずは、クレンジングや洗顔の徹底です。

冬の頃と比べてぐんと増加した皮脂や

外出時に肌表面に付着した汚れは、

その日のうちにしっかりと洗い流してあげることが大切です。

「疲れていて、メイクしたまま寝ちゃってた・・・」

なんて論外です!

どんなに疲れていても1日の終わりには丁寧に洗顔し、

お肌を労わってあげてくださいね。

洗顔が終わったら、すぐに化粧水で水分補給をします。

化粧水をつけることで、洗顔によってアルカリ性に傾いてしまったお肌を

弱酸性に戻してあげることが出来ます。

アルカリ性のお肌には雑菌が増殖しやすいので、

洗顔後の化粧水は忘れてはいけません。

化粧水をつける時には、

特に乾燥しやすい目元や口元を中心に

十分に浸透させるようになじませて下さい。

また、外出の際には、

紫外線対策をお忘れなく。

「少しの外出だから・・・」

「オフィスワークだから・・・」

と油断してはいけません。

お肌が不安定な状態の春だからこそ、

少しの刺激が大きなダメージとなるのです。

その他、1日の中で少しでもほっとできる時間を持つことも

美肌キープには欠かせないポイントです。

環境の変化やストレスによって乱れやすい自律神経は、

私たちのお肌にも大きな影響を及ぼします。

ゆっくりと入浴する、

好きな音楽を聴く、

アロマで癒される・・・等々、

自分がリラックスできる方法であれば何でも構いません。

くれぐれも夜更かしには気をつけて、

自分だけの時間を楽しむようにして下さい。


冬の寒さをくぐり抜け、

一層アクティブになる暖かな春。

ツヤツヤ&ウルウルのお肌で

心地良い季節を思い切り満喫しちゃいましょう^^
[PR]
by wasser_info | 2012-03-10 11:24
厄介な大人ニキビ ~対処法編~
厄介な大人ニキビ ~対処法編~


前号で「大人ニキビの原因と予防」についてお話ししましたが、

今回も引き続き大人ニキビに関するお話。

テーマは「大人ニキビへの対処法」です。

できてしまった大人ニキビ、どうケアしてあげればよいのでしょうか?




鉄則は、お肌を清潔に保つことです。

そのためには「洗顔」が重要なのですが、あまり神経質になってゴシゴシとこすったり、

1日に何度も洗顔したりというのはNG。

洗顔をする意義は「顔表面の余分な皮脂を落とすこと」。

お肌を守るために最低限必要な皮脂まで落としてしまっては、

お肌のバリア機能を低下させること、

つまりはお肌にダメージを与えてしまうことにつながってしまいます。



低刺激な洗顔料で1日2回、泡でやさしく洗い上げるよう心がけてください。

過剰な洗顔や刺激の強い洗顔料は、お肌の健康のためにも絶対に避けてくださいね。




ちなみに、「メイクはオイルクレンジング派」の方は要注意!

大人ニキビでお悩みの方に、オイルクレンジングはお勧めできません。

前号でもご紹介したとおり、大人ニキビの原因のひとつに

「ホルモンバランスの乱れによる皮脂分泌量の増加」が挙げられます。

皮脂が過剰に分泌されることは、毛穴開きの原因になります。

その開いた毛穴にオイルが入り込んでしまうことで、

皮脂や老廃物、オイル等で毛穴詰まりが起こり、

その肌ストレスがニキビとなってお肌に現れてしまうのです。



ちょっぴり物足りないと感じられるかもしれませんが、

メイク落としも肌に優しいものを選ぶのが基本と言えます。


洗顔をしてお肌を清潔にした後は、基礎化粧品でしっかりと保湿してあげましょう。

さて、ここで大切なこと、ここまでお読みいただいた皆さんはもうお分かりですよね?

そうです、「お肌に優しい低刺激のものを使用する」ということです。

基本は無添加・ノンオイル。

過剰に成分を含んだものは避けましょう。

くれぐれも、お肌を甘やかしすぎることのないように!

必要最低限の潤いでお肌を満たしてあげることで、

お肌本来のバリア機能の改善と 皮脂分泌の適正化、

ターンオーバーの正常化を促してあげることが、大人ニキビのケアには大切なのです。



メイクの基本はナチュラルメイク。

ニキビを隠したいあまり必要以上に厚塗りすることは厳禁です。

こってりメイクは毛穴詰まりの典型的な原因、

ニキビを悪化・増加させることにつながってしまいますよ!

お肌への負担の少ない、最小限のシンプル&さっぱりメイクを心がけて。

「でも、どうしてもニキビ部分が気になる」という方は、コンシーラーをポイント使いすることで、

ずいぶんとニキビを目立たなくさせることができます。

少量を指先でポンポンと、優しくなじませるようにつけてみてくださいね。

ちなみに、コンシーラーをのせた部分にファンデーションは不要。

ニキビ悪化の原因となる他、メイクがヨレやすくなりかえって不自然な印象になってしまいます。



無添加・オイルフリーのWASSER(バッサ)は、

大人ニキビのケアに大変オススメできるアイテム。

高濃度水素イオン水ジェルがお肌にやさしく浸透しながら、

お肌本来の機能やバランスを回復させてくれるんです。

これまで刺激の強い化粧品を使っていた方にとって、

初めのうちは「ちょっと物足りないかな?」と感じられるかもしれません。

ですが、WASSER(バッサ)を継続して使用することで、

健康的で美しい素肌を実感できるようになります。



大人ニキビでお悩みのコスメジプシーさん、

WASSER(バッサ)との出逢いは貴女にとって特別なものとなるはずですよ♪
[PR]
by wasser_info | 2011-02-20 11:41
美女肌洗顔・レッスン

written by juliets.ishii



美女肌洗顔方法Ⅱ

美肌を作る上でいちばん大切なことは、過剰な洗顔、クレンジングをやめること。

特にオイリー肌の方は1日に何度も洗顔してしまっている方も多いと思いますが、

逆効果ですし、洗いすぎが原因で様々な肌トラブルを引き起こします。

洗いすぎてしまうと、毛穴を塞いでしまい、そこに菌が繁殖しニキビや吹き出ものの原因にもなってしまいます。


■正しい洗顔方法をご紹介します。

洗顔は肌のターンオーバー機能を正常にさせるという目的があります。

3分から2分洗顔することで血行が良くなり、新陳代謝が活発になっり皮脂の分泌を促してくれます。

洗顔ブラシや洗顔ネットを顔に直接あてて洗顔する際は充分に注意して下さい。

ブラシなどでゴシゴシこすると摩擦で肌の表面を傷つけることになり、肌を老化させます。



まず、アミノ酸美容洗顔石鹸にお水をかけて、

f0179665_17334043.jpg



ネットでくるくる

f0179665_17392447.jpg



泡が立ってきました。

もこもこに泡立ちます。

f0179665_174014.jpg



まず、おでこからクルクル洗いましょう。

ゴシゴシとこすると肌を傷つけてしまいますので、優しくなでるくらいにして下さい。

f0179665_17403164.jpg



小鼻はかき出すように下に下に

f0179665_17352927.jpg



あごもクルクル、クルクル、脂が溜まりやすく指を当てていない方が多く

ニキビも出来やすい場所です。丁寧に洗います。


あごから鼻の下に向って6×3回は洗いましょう

f0179665_17355950.jpg



ほほは下から上にクルクル洗います。


目の周りはクルクル優しく洗いましょう。

f0179665_17362264.jpg


フェイスライン全体をあごからおでこにかけてクルクル洗いましょう。




■美容液でソフトピーリングしましょう。


この寒い冬には保水をアップさせるためにいらない高濃度水素イオン水ジェル美容液を1回塗り、

f0179665_1737267.jpg


少し乾いたらもう一度塗ってマッサージをして、ソフトピーリングして、角質を丁寧に取り去りましょう。

f0179665_17422072.jpg


美容液が毛穴に浸透して、毛穴につまった皮脂や汚れを落としてくれます。

しっかり高濃度水素イオン水ジェル美容液をパッティングし、高濃度水素イオン水ジェルフェイシャルマスクも週に3回はいたしましょう。

美女肌はちょっとした手間で出来ますよ。そして、肌がプリンプリンです。

若々しい美肌をキープする美肌洗顔を毎日行いましょう。

美肌キープする女性ホルモン

☆また、美肌をキープする為に女性らしさを作る「エストロゲン&卵胞ホルモン」と

妊娠の維持に働く「プロゲステロン・黄体ホルモン」の2種類。

その影響を受けて女性の体はリズムを作り出しています。

女性ホルモンの分泌量は月間を通じて変化しますが、

年齢、体質個人差にも関係し、一生を通して変わります。

この二種類のホルモンによって月経周期が決まるだけでなく子宮内膜の厚さや

基礎体温、体調、肌、髪、精神状態が変化します。

女性ホルモンの分泌をコントロールする脳はストレスの影響を受けやすく、

自律神経も司るところ。

だから、女性ホルモンとストレス、自律神経はとっても密接に関係していて

ひとつの不調が他に影響することもあります。



☆正しい洗顔方法をマスターし、毎日、お肌に良い習慣を重ねていく事により、

いつまでも若々しい素肌を維持しましょう!!!
[PR]
by wasser_info | 2009-02-19 17:24
朝の洗顔と夜の洗顔

written by juliets.ishii



最近朝洗顔しないと言う人の声が多い感じがいたします。

いつから洗顔の習慣が日本にやって来たのでしょう。

平安時代からだと言われているそうです。

一般的に浸透して来たの江戸時代。

さらに庶民に浸透したのは

明治時代と言う記録があるそうです。



昔は石鹸など無く、うぐいすの糞であらったり、

その後米ぬかなどを使って洗っていたと言われています。

10代~30代は朝の洗顔はしっかりした方がよいでしょう。

10代のころ私は洗顔どうしていたか覚えてないんですが・・・

今みたいにドラッグストアで化粧品を買うという習慣も無かったんですよ。

中学まで普通の石鹸で洗っていたと思います。

洗顔ってみんな結構自己流ですよね。



平均30秒から1分の方が多く、10代の方は出来たら3分は洗顔したいですね。

朝の洗顔は肌が汚れていないと思う人も多いんですが、

夜に着けたスキンケアの上にほこりやダニの死骸が乗っていたり、

新陳代謝により古い角質がついていたり、

クリームが酸化したりしています。

以外に汚れているものです。

きちんと汚れを落として朝のスキンケアが肌に浸透するようにしましょう。

乾燥が気になる人は、洗顔に「バッサ高濃度水素イオン水ジェル美容液」

混ぜてもいいんですよ。

洗いあがりがしっとりとします。

ニキビやアトピーの方は、バッサアミノ酸美容洗顔石鹸のような

ピュアな自然派ソープ美容石鹸がお勧めです。

ニキビのひどい方は、石鹸を泡立てそこにクレンジングウォーターを

朝も正しい潤い洗顔をしましょう。



さて、夜の洗顔ですが、メイクの汚れからが基本ですが、

「私はメイクしていないから、洗顔だけです。」という方が大変多いのに驚きます。

夜は、日中に分泌した皮脂や、ほこり、排気ガスなど朝に比べたらとんでもなく

汚れているものです。

メイクしていない方も、クレンジングでまず油の汚れを落とします。

そして肌の脂と古い角質を丁寧に3分かけて洗顔しましょう。

古い角質をためない洗顔をすることで、スクラブで無理やり肌を傷める洗顔をする事無く、

高いエステのピーリングもしなくて済むんですよ。

肌質にあわせてクレンジングを選びましょう。

ニキビの方はくれぐれもオイルクレンジングは避けてね。



冬は暖房の影響で肌が乾燥しているにも関わらず肌のテカリが気になり

皮脂を感じる為に保湿を忘れる方も多く乾燥によるシワも目立ちます。

テニスボールくらいの泡を立て、

f0179665_1036853.jpg

必ずぬるま湯ですすぎましょう。20~30℃位が目安です。



■洗顔の順番■

f0179665_10362149.jpg


1、おでこ

2、鼻

3、あごから鼻の下

4、ほほ

5フェイスライン全体

f0179665_10363517.jpg



この順番で皮脂の多い所から洗いましょう。

しっかり汚れを落として、潤いのあるしっとりとしたお肌のケアをいたしましょう。
[PR]
by wasser_info | 2009-02-10 10:23