タグ:スキンケア ( 8 ) タグの人気記事
秋の肌スランプを立て直す
連日30度越えの夏日、照りつける陽射・・・

残暑厳しい秋の訪れに、少々困惑気味の今日この頃です。

9月も下旬にさしかかろうとしていますが

まだまだ油断ならない日々が続きそうですね。



さて、油断ならないのは体調管理の面だけではなく

お肌にとっても同じこと。

「夏の間はかなり気を遣ってお手入れをしていたのに

 秋になった途端手抜き気味に・・・」

なんて方も多いのではないでしょうか?



まだまだ暑い今年の秋。

これから暑さが落ち着いてからも正しい肌ケアが出来るよう

今からしっかりと“秋肌スランプ”について

知識を蓄えておきましょうね。



秋肌スランプに陥っていないかどうかをチェックする指標は

ズバリ“観察力”にあるといえるでしょう。

まずは洗顔後のスッピン肌に注目。

・シミ・そばかすなど、前々から気になっていたところがちょっと濃くなっているかも

・口元や目元を中心に、カサつきが目立つ

ということはありませんか?



また、洗顔後のお肌の感触で

・なんとなくザラザラしている

・化粧水がしっくりと浸透していかない

などの違和感が感じられることはないでしょうか?



秋肌スランプ解消への第一歩。

それは、秋のダメージ肌から出されるSOSサインを見極めることから始まります。



では、そもそもなぜ秋に肌スランプが起こるのでしょうか?

その原因は、日々の基本的な生活習慣の中にあります。

涼しいはずの秋ですが、連日の残暑のせいで

「深い眠りが出来ない」「食欲がない」

という様に、身体事態が“プチ夏バテ”のような状態に陥ってしまいがち。

「睡眠」や「食事」は、お肌を作る基本的な部分ですから

この部分がおろそかになってしまっては、当然お肌にも大きな影響があると言えるでしょう。



上質の睡眠を手に入れるためには、

何といってもしっかりと入浴することです。

気持ちぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、

一日の疲れを癒してあげましょう。

リラックス効果を高めるためには

アロマオイルや入浴剤の利用も良いでしょう。

心身ともにリフレッシュできるようにすることが

一番のポイントです。

「疲れているし、シャワーだけで良いか!」というのは

あまりオススメできません。



そして次に、食事についてです。

夏の延長でどうしても“さっぱり系”メニューに落ち着きがちですが、

それは絶対にNG。

必要な栄養素が摂取できなければ

肌体力の低下を招き、結果、肌疲労の蓄積がおこります。

秋の食事のポイントとしては

“身体を温めるメニューを意識的に考えること”。

豚肉や野菜等を蒸してさっとポン酢をかける、

旬の食材をお鍋でいただく等、

お手軽メニューはそう難しいものではありません。

しっかり食べて、ちゃんと美肌。

これがキホンです。


さて、秋肌スランプの原因と解消法が分かったところで

次は“正しいお肌のお手入れ法について”です。

「何か特別なことをしなくてはならないの?」と身構えてしまいそうですが

そうではありません。

ポイントは、基本のステップの一つひとつを丁寧に実践することです。

・しっかりと泡立てた洗顔料で肌を包み込むように優しく、しかしながら時間をかけてじっくりと汚れを落としてやる

・ついパシャパシャっと済ませてしまいがちな化粧水を、ちゃんと浸透する様よく馴染ませていく

・乾燥しがちな目元・口元には特に重点的に浸透させる

キーワードは、「時間をかけて丁寧に」です。

毎日のお手入れは、今まで使っていた基礎化粧品からスタート。

季節の変わり目に急にアイテムを変えてしまうと

それだけで肌には大きなストレスがかかってしまうもの。

“基礎化粧品を変えるタイミング”についてはまた別の機会にお話ししますので、

楽しみにしておいてくださいね。


食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・

楽しいこといっぱいの秋を楽しむために

キレイ肌は必要不可欠!

スランプ気味の秋肌をしっかりと立て直して

イキイキ&充実の秋を満喫しましょうね♪
[PR]
by wasser_info | 2011-09-20 13:08
梅雨時期の美肌作り ~スキンケア編~
爽やかな5月も下旬にさしかかると、

気になってくるのは梅雨のことではないでしょうか。

すっきりしない空模様と蒸し暑さとで、ただでさえ不快な梅雨。

加えて、メイクの崩れやすいこの季節は、女性にとっては一番イヤな季節ですよね。



梅雨を目前に控えた5月後半・6月前半のテーマは、『梅雨時期の美肌作り』。

ジメジメ、ジトジト、ベタベタな梅雨を、キレイ肌で乗り切る技を伝授しちゃいます!

第一回目の今回は、スキンケア編です。



さて、梅雨時期のお悩みの代表格といえば化粧崩れ。

「朝完璧に仕上げたメイクも、梅雨の湿気や蒸し暑さで昼には崩れてしまって・・・」

という方も多いのではないでしょうか?

こうなると、ついついメイク直しにばかり気をとられてしまいがちですが、

その前にちょっとアドバイス。

日常のスキンケアを普段以上に丁寧に行うことで、

化粧崩れのお悩みがだいぶ軽減されるんですよ!




化粧崩れの大きな原因として、皮脂の過剰分泌を挙げることができます。

皮脂とは、皮脂腺から分泌される脂(=油)のこと。

お肌の表面にのせたファンデーションは一般的に油分と接触することで落ちやすくなりますが、

この皮脂こそがメイクを崩す大きな原因であるといえるのです。


しかしながら、皮脂は肌表面を保護する重要な役割を果たしてくれる、

いわば必要不可欠なもの。

肌表面を必要以上に乾燥させてしまうと、身体は肌の水分を逃がさぬよう皮脂を出し続け、

その結果皮脂の過剰分泌が生じます。



「梅雨に乾燥?梅雨時期って逆にしっとりするようなイメージだけど?」と

不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ちょっと振り返ってみてください。

ジメジメ、ベタベタの梅雨時期。

エアコンの除湿機能に頼ってはいませんか?

雨や曇りの日が多いからといって、紫外線対策を怠ってはいませんか?

梅雨時期の空調や紫外線、これらがお肌を乾燥させる原因ともなっているのです!

“ジメジメ、ベタベタ”がメイクを崩す直接の原因なのではなく、

問題は“乾燥による皮脂分泌量の増加”にあるのだということを、せひ覚えておきましょう。




ということで、梅雨時期のスキンケアのポイントは“保湿”。

化粧水・乳液は丁寧に、しっかりとお肌に馴染ませてあげましょう。

何かと慌しい朝は特に基礎化粧がおろそかになりがちですが、

一日を気持ち良く過ごすため、特に意識的に保湿に励んでくださいね。

しっかりと保湿をしておけば、ファンデーションの量が少なくても

ちゃんとお肌に馴染んでくれるはず。

メイク前のちょっとしたひと手間で、化粧崩れの原因ともなる乾燥と厚塗りを防ぐことができ、

まさに一石二鳥というわけなのです。



さて、保湿が肝心な梅雨時期だからこそ、

ぜひWASSARの高濃度水素イオン水ジェルのパワーを実感してみてください。

ほどよくとろみのあるテクスチャー、すっとお肌に馴染んでくれます。

イオンの力で肌内部までみずみずしさを届けてくれるので、保湿効果は抜群です。

しっかりと保湿をしても決してベタつき感なく、

しっとり滑らかな潤い肌を完成させてくれることでしょう。

防腐剤・合成界面活性剤・香料・ 着色料などが一切含まれておらず、

100%オイルフリーなので、敏感肌の方でも安心して使えますよ♪



『梅雨時期の美肌作り』、次回6月10日号はメイク編です。

どうぞお楽しみに!
[PR]
by wasser_info | 2011-05-20 12:37
春先のスキンケア
春先のスキンケア

私達の住む日本列島では、毎年春が近づくと風の強い日が多くなります。

「これはなぜだろう?」と不思議に思い、

気象予報士の友人に尋ねてみたところ・・・

この強風、冷たい北風と暖かい南風が大気中で対流を起こすことによって生じるそうです。

世界的には「温帯地域」と呼ばれる地域に現れる特有の現象で、

日本だけではなく、ヨーロッパでも3月になると同じような強風が起こるらしいです。



「強風は、冬から春へと移り変わる、いわば季節の風物詩のようなものなのよ」

気象予報士の友人は実にキレイな表現で説明をしてくれましたが、

紅葉や初霜のように優雅な気持ちでいられるものではありません。

だってこの超暴れん坊(笑)、美容的には相当な悪なんですから!!

これでもか、というくらい激しく吹き荒れる強風。

せっかくしっかりとセットした髪はぐちゃぐちゃ、

さらに気合いを入れてメイクしたお肌には砂埃がべったり。

極めつけは、大量の花粉達を運んでくる始末・・・

春先のお出かけって気分的にはウキウキなんですが、

いざ外に出てみるとなかなか大変なことも多いですよね^^;




そこで今回のコラムは、春先のお肌特集号♪

トラブル続出春先お肌のケアに役立つ、

ワンポイントアドバイスをたくさんご紹介しちゃいますよ~!



まずは、花粉対策から。

花粉をお肌に寄せつけない、そしてついてしまったものは

なるべく早く落とすようにしましょう。

前号でお話したとおり、花粉によって(正確には「花粉症の症状のひとつに」)

肌荒れが起こることがあります。

「今は花粉症ではない」もしくは「お肌には症状が出ていない」という方も、

肌荒れは後発的に起こる場合がほとんどですから、注意が必要です。


具体的には、

・油分たっぷりの化粧品を使わないこと
 (肌表面に油分が多いと、お肌に花粉が付着しやすくなってしまいます)

・外からお家に入る前に、衣服についた花粉を念入りに払い落とすこと 
(そのまま家に入ると、家の中に花粉を運び入れたことになってしまいます)

・手洗い&うがいを念入りにすること
 (風邪予防の意味合いよりも、手や喉に付着した花粉を流すという効果が期待できます)

・帰宅したらすぐにメイクを落とすこと
 (衣服同様、肌表面にも花粉はたっぷり付着しています)

・クレンジングや洗顔には、低刺激のものを使うこと
 (さっぱりと洗い上げるタイプのものは、お肌のバリア機能の低下、さらには肌荒れを招きます)



そして、お次は紫外線対策です。

春先になると、紫外線は急に強くなります。

いつまでも冬気分の無防備なままでいると、肌細胞が紫外線によって破壊されてしまいます。

肌細胞へのダメージはお肌の水分不足につながり、

つまりは乾燥肌の原因になるとも言われています。


・UV効果のある化粧品を使う
(ただし、あまりに強力なものはお肌にとって負担となります。SPFが10程度あれば十分効果的ですから、なるべく低刺激の優しいものをセレクトして下さい)


また、肌荒れの直接の原因となる乾燥対策にも触れておきましょう。

春先の肌荒れの原因の多くは、肌のバリア機能の損傷によるものです。

このバリア機能を修復させるためには、お肌への水分補給を徹底させる必要があります。


・たっぷり化粧水で「保湿」を心がけること
 (特に洗顔後は、たっぷりと潤いを与えましょう)

・皮膚の薄い目や口の周りには、ローションパックをしてあげること
(コットンに化粧水を含ませ、お肌の上に置きます。ただし、ピリピリと刺激を感じるようであればすぐにやめてください)



最後は、生活習慣についてのワンポイントアドバイス!

・毎日の食事のなかで、ビタミンC摂取を心がけること
(ビタミンCは皮膚の老化を防ぎ、免疫力をアップさせてくれます。また、お肌に良いといわれるコラーゲンの生成を助けるという役割を果たします。さらに、抗ストレスホルモンとして名高い副腎皮質ホルモンの合成にも、ビタミンCは不可欠です)

・禁煙を心がけること(喫煙することで、お肌の健康に必要なビタミンCが奪われてしまいます)
・できるだけ睡眠時間を確保すること(お肌の回復は、私達が眠りについている間に行われるのです)

・牛乳・大豆・卵を摂取するよう心がけること
(牛乳・大豆・卵には安眠に効果のあるトリプトファンが豊富に含まれています。このトリプトファンは、体内で作られるものではなく、積極的に摂取していくことでしか摂ることができない栄養素です)

・運動など、便秘解消に努めること
(便秘は、身体の新陳代謝がうまくいっていない証拠。お肌の再生のためには、この新陳代謝という機能は不可欠です。)


アレもコレもぜ~んぶお伝えしたくて、「ワンポイント」と言いつつ、

ついたくさんアドバイスをしてしまいました^^;

春先のお肌特集号、いかがでしたでしょうか?

お肌のために気をつけなければならないことって、本当にたくさんあるんです!

明日からぜひ気をつけていただきたいことばかりをピックアップしたので、

きっと皆さんのお役に立てることと思います。

「この項目、もう少し詳しく知りたいんだけど・・・」という方もいらっしゃるかもしれません。

それぞれの項目については今後また折に触れて解説させていただきますので、

楽しみに待っていてくださいね^^




春は新しい始まり季節だから、ツヤツヤお肌の魅力的なワタシでいたいもの。


ガサガサお肌では、ライトトーンの春色メイクも台無しですものね!

今年は「きちんとスキンケア」で、美肌の春にしていきましょう♪
[PR]
by wasser_info | 2011-03-17 15:09
美白ほど美人を作る!!! 白さをバッサ化粧品で身につけよう!
「美白のお手入れを毎日していますか?」

続けられるリズムをつかもう。

“継続は力なり!メカニズムを知り美人肌を目指しましょう。


生まれ持ったDNA「筋金入りのシミだらけの肌」なんて悩んでいるそこのあなた!!!

美白ケアを実践してみませんか?

「ただ肌は基礎化粧品を使っているだけでは、美白にはなりませんよ。

バッサ化粧品で、たっぷりうるおって、透明感を出しましょう。


紫外線によるシミは、その日に退治します。

まず、家に帰ったらクレンジングに洗顔。

その後はバッサ美容液でマッサージして、10分ローションマスクをしましょう。


自分本来の美しさ”を取り戻しましょう。

バッサ化粧品での丁寧なケアの継続をすることで、友達と差がつきます。


日に焼けてしまった肌が黒くなった場合は

「紫外線で痛んだ肌細胞がメラニンを生産、次々と作られ、いらない角質と一緒に

角質層に押し上げら最後には垢となってはがれ落ちます。

28日周期で表皮細胞は新陳代謝(ターンオーバー)によってはがれ落ち、

肌本来の色に戻るのです。

白さも大事ですが、うるおいや透明感も大切なんです。

高い機能をもつバッサ化粧品で美白ケアが出来ます。

透明感はもちろん、うるおいやハリ、なめらかさなど、肌質そのものを

変化させましょう。


美白ケアで一番大切な事、日焼け止めを顔、手、足、ハンドクリームの様に塗りましょう。

朝洗濯物を干すだけでも日焼け止めを付けるように心がけましょう。


シミ、ソバカスの原因は紫外線だけではありません。

そして夏のダメージが秋には本格化するんです。

特に気温の低下や空気の乾燥は、夏以上に、肌に透明感のなさを感じます。

シミやソバカスが濃くなったりする時期の前にバッサでお手入れいたしましょう。

秋になると肌がくすんできたり、ファンデーションの色が合わなくなるなんて良く聞きますね。

歯磨きの様な習慣を付けましょう。


毎日のケアはとても大切。今日のお手入れが10年後の肌を作りますよ。

過去に紫外線を浴びたことで過剰なメラニン生成が始まると、紫外線を浴びなく

なった後もメラニンが過剰生成され続けるサイクルに陥ります。

秋になれば気温の低下や乾燥で、ターンオーバーが滞り、

色素沈着に拍車をかけることになってしまいます。

肌の悪循環を助けるバッサの美容液。

シミは突然現れる訳ではなく、蓄積された紫外線ダメージ肌が表面化した状態。

だからこそ、一年を通じてバッサ化粧品でのケアを続ける必要があるのです。


ステップ1、クレンジング

ステップ2、洗顔

ステップ3、バッサ美容液一回つけて乾いたらもう一度つけてマッサージ。

ステップ4、バッサローション、コットンに含ませてローションパック。

ステップ5、バッサ美容液目の周り、口の周りにつけて両手でプレス。

このステップを毎日行う癖をつけましょう。

さあ~美白美人になりましょう。
[PR]
by wasser_info | 2010-07-10 14:40
朝の洗顔と夜の洗顔

written by juliets.ishii



最近朝洗顔しないと言う人の声が多い感じがいたします。

いつから洗顔の習慣が日本にやって来たのでしょう。

平安時代からだと言われているそうです。

一般的に浸透して来たの江戸時代。

さらに庶民に浸透したのは

明治時代と言う記録があるそうです。



昔は石鹸など無く、うぐいすの糞であらったり、

その後米ぬかなどを使って洗っていたと言われています。

10代~30代は朝の洗顔はしっかりした方がよいでしょう。

10代のころ私は洗顔どうしていたか覚えてないんですが・・・

今みたいにドラッグストアで化粧品を買うという習慣も無かったんですよ。

中学まで普通の石鹸で洗っていたと思います。

洗顔ってみんな結構自己流ですよね。



平均30秒から1分の方が多く、10代の方は出来たら3分は洗顔したいですね。

朝の洗顔は肌が汚れていないと思う人も多いんですが、

夜に着けたスキンケアの上にほこりやダニの死骸が乗っていたり、

新陳代謝により古い角質がついていたり、

クリームが酸化したりしています。

以外に汚れているものです。

きちんと汚れを落として朝のスキンケアが肌に浸透するようにしましょう。

乾燥が気になる人は、洗顔に「バッサ高濃度水素イオン水ジェル美容液」

混ぜてもいいんですよ。

洗いあがりがしっとりとします。

ニキビやアトピーの方は、バッサアミノ酸美容洗顔石鹸のような

ピュアな自然派ソープ美容石鹸がお勧めです。

ニキビのひどい方は、石鹸を泡立てそこにクレンジングウォーターを

朝も正しい潤い洗顔をしましょう。



さて、夜の洗顔ですが、メイクの汚れからが基本ですが、

「私はメイクしていないから、洗顔だけです。」という方が大変多いのに驚きます。

夜は、日中に分泌した皮脂や、ほこり、排気ガスなど朝に比べたらとんでもなく

汚れているものです。

メイクしていない方も、クレンジングでまず油の汚れを落とします。

そして肌の脂と古い角質を丁寧に3分かけて洗顔しましょう。

古い角質をためない洗顔をすることで、スクラブで無理やり肌を傷める洗顔をする事無く、

高いエステのピーリングもしなくて済むんですよ。

肌質にあわせてクレンジングを選びましょう。

ニキビの方はくれぐれもオイルクレンジングは避けてね。



冬は暖房の影響で肌が乾燥しているにも関わらず肌のテカリが気になり

皮脂を感じる為に保湿を忘れる方も多く乾燥によるシワも目立ちます。

テニスボールくらいの泡を立て、

f0179665_1036853.jpg

必ずぬるま湯ですすぎましょう。20~30℃位が目安です。



■洗顔の順番■

f0179665_10362149.jpg


1、おでこ

2、鼻

3、あごから鼻の下

4、ほほ

5フェイスライン全体

f0179665_10363517.jpg



この順番で皮脂の多い所から洗いましょう。

しっかり汚れを落として、潤いのあるしっとりとしたお肌のケアをいたしましょう。
[PR]
by wasser_info | 2009-02-10 10:23
365日潤う肌。バッサガールズがお手伝い
お肌への確かな知識とケア情報を毎月文字情報でお届けしてきたこのコスメ百科。

知ってうれしい知識と情報が店頭でもじかにお受けになれます。



WASSER-バッサのホームページに記載されている

<バッサデモンストレーション> の店舗にお越し下さい。

デモンストレーションをしている<バッサガールズ>は

肌の構造システム・スキンケアのハウツーなどなど精度の高い社内教育を受けた、

まさに<語るコスメ百科>でもあります。




お肌は季節の変化で状態も変化し、その時のストレス状況にも影響されます。

今のあなたに一番必要なアドバイスを店頭で気軽に<バッサガールズ>からお受け下さい。

そして、その場に設置されたテスター(試供品)をお試し頂ければ、

『365日潤う肌』をご体験できると思います。



是非一度店頭で、実践レクチャーをお受け下さいね。

<バッサガールズ>がお待ちしております。



f0179665_1115250.jpg

【キャンペーン情報はこちら】
[PR]
by wasser_info | 2008-09-09 10:10
紫外線の光老化作用
30代を過ぎてもシミ、シワの少ない人は

シンプルなスキンケアの方が多いようです。


シンプルなスキンケアとは、より水に近い化粧品による水分補給と保湿です。

肌の老化防止(アンチエイジング)には化粧品に含まれる

添加物(防腐剤、酸化防止剤、香料など)による肌刺激をなるべく避けて下さい。



そして「強い紫外線から肌を守る」心がけ。

曇りの日でも肌に浸透する紫外線A波(UV-A)は皮膚から水分を蒸発させ、

色素沈着によるシミを発生させます。


残念なことに私たちが浴びている紫外線A波は皮膚に蓄積されます。

肌の弾力を生むコラーゲン線維を痛めて肌のハリを失う「光老化」をこれ以上進めない為、


いつでもお出かけの際は日傘や長袖のお洋服でお楽しみ下さい。




【WASSER-バッサ】  WASSER-バッサは無添加化粧品

■全品すべてオイルフリー

■石油系・植物性合成界面活性剤(乳化剤)不使用

■香料・アルコール・着色料・酸化防止剤・防腐剤など一切不使用




f0179665_9551836.jpg

WASSER-バッサのホームページ&購入はこちらから
[PR]
by wasser_info | 2008-09-05 09:53
あなたの「見た目」年齢は?
実年齢より若く見えたり、老けて見えたり、

「見た目年齢」のポイントになるのは、ファッションやお化粧だけではありません。



ハリと潤いのあるイキイキとした肌が一番のポイントです。

実年齢より若い肌を保つには、正しい食生活、充分な睡眠が大切。

食事はバランス良く野菜を多めに摂りましょう。



おやすみ前に軽くストレッチする等で熟睡を誘い、心身の疲れを残さないようにしてください。

次回はスキンケアのお話をしますが、日々のコンディションを整え、

肌の質を高めることが基本です。

体が健康なら肌も美しいということですね。



【WASSER-バッサ】  WASSER-バッサは無添加化粧品

■全品すべてオイルフリー

■石油系・植物性合成界面活性剤(乳化剤)不使用

■香料・アルコール・着色料・酸化防止剤・防腐剤など一切不使用



f0179665_1013994.gif
[PR]
by wasser_info | 2008-09-04 09:51