<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
秋の肌スランプを立て直す
連日30度越えの夏日、照りつける陽射・・・

残暑厳しい秋の訪れに、少々困惑気味の今日この頃です。

9月も下旬にさしかかろうとしていますが

まだまだ油断ならない日々が続きそうですね。



さて、油断ならないのは体調管理の面だけではなく

お肌にとっても同じこと。

「夏の間はかなり気を遣ってお手入れをしていたのに

 秋になった途端手抜き気味に・・・」

なんて方も多いのではないでしょうか?



まだまだ暑い今年の秋。

これから暑さが落ち着いてからも正しい肌ケアが出来るよう

今からしっかりと“秋肌スランプ”について

知識を蓄えておきましょうね。



秋肌スランプに陥っていないかどうかをチェックする指標は

ズバリ“観察力”にあるといえるでしょう。

まずは洗顔後のスッピン肌に注目。

・シミ・そばかすなど、前々から気になっていたところがちょっと濃くなっているかも

・口元や目元を中心に、カサつきが目立つ

ということはありませんか?



また、洗顔後のお肌の感触で

・なんとなくザラザラしている

・化粧水がしっくりと浸透していかない

などの違和感が感じられることはないでしょうか?



秋肌スランプ解消への第一歩。

それは、秋のダメージ肌から出されるSOSサインを見極めることから始まります。



では、そもそもなぜ秋に肌スランプが起こるのでしょうか?

その原因は、日々の基本的な生活習慣の中にあります。

涼しいはずの秋ですが、連日の残暑のせいで

「深い眠りが出来ない」「食欲がない」

という様に、身体事態が“プチ夏バテ”のような状態に陥ってしまいがち。

「睡眠」や「食事」は、お肌を作る基本的な部分ですから

この部分がおろそかになってしまっては、当然お肌にも大きな影響があると言えるでしょう。



上質の睡眠を手に入れるためには、

何といってもしっかりと入浴することです。

気持ちぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、

一日の疲れを癒してあげましょう。

リラックス効果を高めるためには

アロマオイルや入浴剤の利用も良いでしょう。

心身ともにリフレッシュできるようにすることが

一番のポイントです。

「疲れているし、シャワーだけで良いか!」というのは

あまりオススメできません。



そして次に、食事についてです。

夏の延長でどうしても“さっぱり系”メニューに落ち着きがちですが、

それは絶対にNG。

必要な栄養素が摂取できなければ

肌体力の低下を招き、結果、肌疲労の蓄積がおこります。

秋の食事のポイントとしては

“身体を温めるメニューを意識的に考えること”。

豚肉や野菜等を蒸してさっとポン酢をかける、

旬の食材をお鍋でいただく等、

お手軽メニューはそう難しいものではありません。

しっかり食べて、ちゃんと美肌。

これがキホンです。


さて、秋肌スランプの原因と解消法が分かったところで

次は“正しいお肌のお手入れ法について”です。

「何か特別なことをしなくてはならないの?」と身構えてしまいそうですが

そうではありません。

ポイントは、基本のステップの一つひとつを丁寧に実践することです。

・しっかりと泡立てた洗顔料で肌を包み込むように優しく、しかしながら時間をかけてじっくりと汚れを落としてやる

・ついパシャパシャっと済ませてしまいがちな化粧水を、ちゃんと浸透する様よく馴染ませていく

・乾燥しがちな目元・口元には特に重点的に浸透させる

キーワードは、「時間をかけて丁寧に」です。

毎日のお手入れは、今まで使っていた基礎化粧品からスタート。

季節の変わり目に急にアイテムを変えてしまうと

それだけで肌には大きなストレスがかかってしまうもの。

“基礎化粧品を変えるタイミング”についてはまた別の機会にお話ししますので、

楽しみにしておいてくださいね。


食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・

楽しいこといっぱいの秋を楽しむために

キレイ肌は必要不可欠!

スランプ気味の秋肌をしっかりと立て直して

イキイキ&充実の秋を満喫しましょうね♪
[PR]
by wasser_info | 2011-09-20 13:08
“ウォータークレンジング”のススメ
楽しかった夏も終わり、季節は秋に移り変わろうとしています。

最近では、朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。

ベタベタ汗かきの夏からようやく解放されつつあり、ほっと胸をなでおろす今日この頃です。



さて、突然ですが質問です。

皆さんは、何を基準にメイク落としを選んでいるでしょうか?

いかがでしょうか。

「そういわれてみると、何気なく選んじゃっているかも・・・」

という方がほとんどなのではないでしょうか?



私の周辺を見ても、化粧水や乳液にこだわる人は多いのですが、

「私はクレンジングにこだわってます!」というケースは意外と少ないように感じられます。

しかしながら、メイク落としは毎日使う重要なもの。

お肌に合わないクレンジング製品を長年使い続けていると、どんどんダメージが蓄積されてしまい、

“気付いたときには深刻な乾燥肌に”なんてことにもなりかねません。



そこで、今回のテーマは『正しいメイク落としの選び方』。

意外と知られていない、タイプ別クレンジング製品の特徴についてご紹介していきます♪



初めに、注意が必要なタイプのものからお話ししましょう。

まずは、若い方を中心に特に人気のある“オイルタイプ”について。

“オイルタイプ”は、しっかりメイクを落とすためのもの。

もともとは役者さんの舞台メイクを落とすために使われてきたものであると言われています。

しかしながら、最近では「すばやく、しっかり落ちるから」と、

一般的にも広く使われるようになりました。

ですが、この“オイルタイプ”にはちょっと注意が必要。

“オイルタイプ”には界面活性剤が多く含まれており、

お肌のバリア機能の低下を招く大きな原因ともなります。

お肌への負担を考えると、デイリー使いには不向きなんですね。

あくまで、“オイルタイプ”は「特別な日のメイク落とし」として位置づけて頂きたいものです。



同じく注意が必要なクレンジング製品として、お手軽簡単“シートタイプ”があります。

疲れた日にはソファに横になりながらさっとメイク落とし、という方も多いかもしれませんね。

しかし、直接お肌をゴシゴシとこする“シートタイプ”は、

数あるクレンジング製品の中でも特に、お肌への刺激が強いのです。

また、防カビ剤が含まれているものもあり、それらは特にお肌に負担をかけます。

敏感肌の方や乾燥肌の方は、極力避けた方が良いでしょう。




それでは、敏感肌さんも安心して使えるのは、一体どんなタイプのクレンジング製品なのでしょうか?

お肌への刺激の弱いものとして、まずは“クリームタイプ”や“ジェルタイプ”のものを挙げることができます。

しっとり感がお好みの方であれば“クリームタイプ”がオススメですが、

クレンジングがメイクに馴染むまでに少々時間がかかるのが難点です。

また、しっとり感を通り越してヌルヌル感が残ってしまう場合もあるため、

メイク落とし後のさっぱり感を期待する方には向きません。

一方、“ジェルタイプ”は洗いあがりのさっぱり感が強く、ベタつき感が少ないのが特徴です。

しかしながら、お肌への刺激が弱い分メイクが落ちにくく、

ついお肌をゴシゴシとしてしまいがちであることがデメリットではないでしょうか。



さて、これまで色々なタイプのクレンジング製品をご紹介してきましたが、

「う~ん、どのタイプにもメリット・デメリットがあって、どれを選んでいいのかいまいち分からない・・・」

と、逆に悩んでしまうかもしれませんね。


そうなんです。

クレンジングって他の化粧品と同様、とても奥が深く、

自分のお肌にぴったりと合ったものを選ぶことってなかなか難しいんです!


「まだ、お気に入りのクレンジングに出会えていない!」

という方に、ぜひオススメしたいのが、バッサの“アミノ酸クレンジングウォーター ”。

お肌に優しい電解アルカリイオン水をベースに、

18種類のアミノ酸を配合したうるおいタイプのクレンジングです。

お肌を十分に潤わせながら、メイクはもちろん、余分な皮脂や古い角質までしっかりと落とします。

低刺激なのにさっぱり落とせるメイク落としなんて、ちょっと珍しいですよね。



バッサの“アミノ酸クレンジングウォーター ”は、ちゃんと落としてしっかり潤う優れもの。

一度使ったら、手放せなくなること間違いなしのアイテムです^^

これからは、“ウォータータイプ”のクレンジングがあなたの新定番になっちゃうかも?!
[PR]
by wasser_info | 2011-09-09 12:20