<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
嫌~な「ワキ汗」の対処法
毎日暑い日が続きますね!

今年の7月は例年にも増して暑さが厳しいとのことですが、

皆さん、夏バテや熱中症等に負けてはいらっしゃらないでしょうか?



暑い季節になると頭を悩ませるもの。

それは、ワキにかく汗ではないでしょうか?

色味のある洋服には汗ジミがついてしまうし、

何と言っても汗臭さが困る・・・

人にはなかなか相談しにくい悩みですが、

この「ワキ汗」でお悩みの女性ってすごく多いんです。


というわけで、今日のテーマは「ワキ汗の原因と対処法」。

デリケートなお悩みだからこそ、スマートに解決したいものです。


さて、まずはワキ汗のメカニズムについて。

人間の身体に存在する汗腺には、“エクリン汗腺”“アポクリン汗腺”の2種類があります。

“エクリン汗腺”から分泌される汗はさらっとした無色透明で、

含有成分は99%が水分、残り1%が塩分・尿素・アンモニア・ミネラルで構成されています。

全身に230万本分布して体温を調節したり皮膚に潤いを与えたりといった働きをし、

一般的に“汗”というとこちらの汗が連想されます。

一方、“アポクリン汗腺”から分泌される汗は粘り気のあり乳白色。

99%が水分ですが、残り1%に脂肪・たんぱく質・糖質・鉄分・

蛍光物質・尿素・アンモニア・色素などを含有しています。



汗に含まれる脂肪が雑菌によって分解されることで、特有の異臭が放たれるのです。

また、汗ジミがそのまま黄ばみとして残るのもこちらの汗であるといわれています。

アポクリン汗腺は、ワキの下や耳、腹部(臍周辺)、陰部に分布し、

中でも特にワキに多いのが特徴です。

また、アポクリン汗腺の働きが活発な人は、

耳に分布したアポクリン汗腺による汗によって耳垢がウェットであることも明らかになっています。

その他、遺伝や欧米型の食生活等を、ワキガの原因として挙げることができます。


このように、ワキ汗にもふたつの種類がありますが、

アポクリン汗腺から活発に汗が分泌されることを一般的に“ワキガ”と呼び、

この場合には本格的な汗腺手術をすることでしか汗や臭いを抑えることは出来ません。

よってこれより以下は、ワキガではない“ワキ汗”でお悩みの方向けの対処法のお話となります。

まずは食生活のお話。

基本は「和食を心がけること」です。

ポイントはビタミンEとβ-カロチン。

ビタミンEが豊富に含まれる野菜や魚、海草、ナッツ類、大豆製品、

β-カロチンの摂取に有効なにんじん、ほうれん草、かぼちゃ、

春菊などを積極的に摂るよう心がけましょう。

肉類や油脂、香辛料の過剰摂取は、体温の上昇や汗の分泌量を増加させますから

くれぐれも気をつけて下さい。

また、こまめに水分補給をすることで、汗の成分(臭い)を希釈することもできます。

そして、不規則な生活や睡眠不足にも気をつけましょう。

生活習慣の乱れは、ストレスや精神不安を引き起こす元となります。

そしてそういった要因が、過剰な汗の原因ともなるのです。

また、「ワキ汗を過剰に心配するあまり、余計に汗の分泌を誘発してしまう」ことはよくあることです。

生活のリズムを整え、メンタルの安定とストレスの軽減に努めましょう。

以上、ワキ汗の予防には、規則正しい健康的な生活習慣と食生活が不可欠というわけですね。

美しいお肌をキープするコツと、何だか似ていると思いませんか?

そう、ある意味「ワキ汗の悩み=肌の異常」なんです。

過剰に汗が分泌されてしまうから、汗ジミにもなるし臭いも生じる。

その根底には、乱れたライフスタイル・食生活があるように思います。

心身共に自分自身をしっかりと整えて、

この夏は美肌キープ&ワキ汗の悩みなしな毎日を送りましょう!
[PR]
by wasser_info | 2011-07-20 09:21
敏感肌さん向け!夏の虫除け対策
梅雨明け目前。

外の空気には、だいぶ夏の気配が感じられるようになりました。

蒸し暑い毎日が続きますが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?




夏といえばプールに海水浴、バーベキューに花火大会・・・。

楽しいイベントが次から次へと目白押しです。

屋外で過ごすことが多くなるこれから季節、

「毎年、夏は鬱陶しい蚊に悩まされる!」なんて方も意外と多いのでは?




そこで、今回のテーマは「夏の虫除け対策」。

特に敏感肌さん向けに、お肌に優しい低刺激の虫除け対策をご紹介しましょう。




敏感肌の方にぜひお勧めしたいのが、“アロマオイルを使った虫除けスプレー”です。

「市販の虫除けスプレーは肌に合わなくて」という方は、ぜひ一度お試し下さいね。

アロマオイルとは、ハーブや花、果実、葉、種といった植物から抽出した天然のオイルのこと。

私達人間はアロマオイルの香りで癒されたり、気分を高めたりすることができますが、

オイルによっては虫を寄せ付けない香りを放つものもあります。

つまり“アロマオイルを使った虫除けスプレー”とは、

植物の香りを利用した天然の虫除けスプレーのことなのです。




虫除けに効果の高いアロマオイルとして、レモングラスやユーカリ、

ティートゥリー、ペパーミント、ゼラニウム、ローズウッド、ラベンダー等を挙げることができます。

しかしながら、これらには数あるアロマオイルの中でも比較的お肌への刺激が強いものが目立ちます。

もちろん希釈してスプレーするので過剰な刺激を心配する必要はないのですが、

「私はすごく敏感肌で・・・」という方はローズウッドやティートゥリー、

ラベンダーを選ぶのが安心でしょう。

それでは、早速レシピをご紹介しましょう。



【用意するもの】
・アロマオイル(1~3種) ・・・ 計20滴程度
 ※蚊対策にはレモングラスかゼラニウムを含めると、一層効果的です。
・グリセリン       ・・・ 5~10ml
・精製水         ・・・ 100ml


【作り方】
お好きなアロマオイルをグリセリンに混ぜ、精製水で薄めるだけ!


【ワンポイントアドバイス】
・事前に必ずパッチテストをしましょう。
 また、妊娠中の方や特にお肌が敏感な方は、専門家に相談の上、使用してください。
・使うときにはスプレーボトルに移して、よく振ってからスプレーしましょう。
・アロマオイルを使った虫除けスプレーは、香りが残っている間に効果が持続します。
 そのため、香らなくなってきたらこまめにつけ直すことが大切です。


いかがでしょうか?

“手作り”というと何だか難しくて手間のかかるイメージばかりが先行しがちですが、

「意外と簡単なんだ」と驚かれた方も多いのではないでしょうか?

毎日使うものだからこそ、シンプルレシピのアイテムは重宝すること間違いなし。

この虫除けスプレーが、敏感肌の強力な味方“アロマセラピー”を気軽に楽しむきっかけとなれば嬉しいです^^

保湿力抜群のアロマオイルは、十分な虫除け効果の他、お肌の潤いキープにも効果アリ。

敏感肌さんにはもちろん、乾燥肌でお悩みの方にもピッタリなんですよ。

しかも、香りの癒し効果でゆったりとした気分になれるのも、アロマオイルの大きな魅力ですね!

屋外が心地良い夏。

「あ~、蚊に刺される~」なんてお悩みは取り払って、

今年こそアウトドアを思い切り満喫しちゃいましょう!
[PR]
by wasser_info | 2011-07-11 15:22