<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
美肌キープのダイエット法
6月も中盤を過ぎ、「梅雨本番」な空模様の続く今日この頃。

シトシトと降り続く雨で少し肌寒いような気候ですが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?


さて、イヤ~な梅雨が明ければ季節はもう夏。

暑い夏にはキャミソールにタンクトップ、ビキニ等、ボディラインの目立つ装いが多くなりますね!

そこで心配になってくるのは、冬の間にたるんだ二の腕やおなか周り・・・

いざ夏になってみると「去年のワードローブがなんとなくフィットしない」、

なんて悲しい経験のある方も多いかもしれません。

薄着の季節がやってくるその前だからこそ、

梅雨の間にしっかりと“夏ボディ”を手に入れておきたいものです。



梅雨明け目前の6月後半、今回のテーマは『美肌キープのダイエット法』。

美しく、健康的に痩せるための食生活のお話をしたいと思います。



ダイエットをした事のある方であれば、“リバウンド”や“肌荒れ”といった

ダイエット起因のトラブルは誰しも必ず一度は経験があるのではないでしょうか。

「痩せることは出来たんだけど・・・。なんだかイメージと違う。」

そんな時には、今一度あなたのダイエット法を振り返ってみる必要があります。

ダイエット失敗例としてよくあるのは、身体に必要な栄養素をしっかり摂っていないこと。

ダイエット中だからといって、極端にローカロリーな食材ばかりに

偏った食事をしがちであるということです。

「お肉はダメ、ご飯もダメ、油ものなんてもってのほか!」

そんな強迫観念に駆られていては、ダイエットなんて長続きするはずもありませんね。

一時的に痩せることが出来たとしてもすぐにリバウンド、

お肌にはツヤが無く不健康なイメージになってしまいます。

ダイエットで大切なのは、食材をカットすることではなく、

あくまで栄養バランスの良い食事を心がけること。

そろそろ“単品ダイエット”は卒業して、美肌を保ちつつ健康的に痩せる方法を考えてみましょうね!



ダイエット中の方が特に意識して摂りたいのが、質の良いたんぱく質です。

これは血液や筋肉の元となる栄養素で、

私たちの体重の実に1/5を占める身体の主要成分であると言われています。

細胞の主な構成成分であるたんぱく質は、美肌作りにも必要不可欠な栄養素です。

一般的に、1日に必要なたんぱく質の量は体重と比例するとされており、

例えば体重が60Kgの方であれば60gの摂取が必要となります。

さて、「たんぱく質ならお魚から摂れば良いのでは?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

確かに、お肉に動物性たんぱく質が含まれているように、お魚には植物性たんぱく質が含まれています。

しかしながら、魚介類と肉類のたんぱく質含有量を比較すると

肉の方がたんぱく質をより多く含むため、あまり量を食べられないダイエット中にこそ

お肉からたんぱく質を摂る方が効率が良いのです。

お肉を調理する際に気をつけるポイントは、油(脂肪分)をしっかりと落とすこと。

調理法は「蒸す、茹でる」がお勧めです。

また、鶏のささ身には100g(通常、ささ身1本は50g程度です)中に23gもの

たんぱく質が含まれているので、ダイエット中には特に重宝する食材なのではないでしょうか。

おかずとして蒸し鶏をポン酢で頂くも良し、サラダや麺類のトッピングにしても良し。

ささ身はクセが無くさっぱりとしたお味なので、和洋中を問わず様々なレシピで活用が出来そうですね!

その他、お肉と同じ動物性たんぱく質は大豆や卵にも含まれていますから、

これらもバランス良く摂取していくと良いでしょう。

さらに、動物性たんぱく質と平行して魚介類からも植物性たんぱく質を摂ることによって、

体内バランスをより一層良好に保てるようにしたいもの。

そんな時にお勧めしたい食材が、タコです。

タコ100g中には22gのたんぱく質が含まれています。

タコはささ身同様食べやすく、いろいろとアレンジの出来る食材なので、

こちらもぜひダイエットレシピに活用されてみてはいかがでしょうか?

さらに、タコに豊富に含まれるタウリンにはイライラ防止効果があります。

ダイエット中のメンタル面にも良い影響をもたらしてくれるのも大きな魅力ですね!



また、しっかりと食事を摂ることは、美肌キープのためだけでなく、

リバウンド防止にも大きな効果が期待できます。

ダイエット中だからといってあまりに厳しい食事制限を課してしまっては、ストレスがたまるもの。

そんな苦痛を伴うダイエットでは、到底長続きするはずもありませんよね。



今日ご紹介したのは、ダイエット中でもちゃんと美肌を維持するために、

たんぱく質を中心に栄養素をバランス良く摂る食事法。

美しい身体作りは、正しい食事から。

ダイエットとは、ただ単に体重を落とすためだけのものではなく、

あなたがより一層健康的で美しくあるための方法なのです。

そのことをしっかりと意識できているかどうかが、

ダイエットの成功と失敗を大きく分けることになるのではないでしょうか?
[PR]
by wasser_info | 2011-06-20 11:44
梅雨時期の美肌作り ~メイク編~
今年は例年よりも早く梅雨入りしました。

「早く梅雨に入ったんだから、その分梅雨明けも早いのでは?」

つい先日までそう勘違いしていた私ですが、実はそうわけでもないことを初めて知り、

ブルーな気分の今日この頃です。

どうやら今年は例年以上に根気良く、

この「ジメジメ・ムシムシ」と付き合っていかなければならないようです。


さて、梅雨真っ只中の6月前半、テーマは『梅雨時期の美肌作り~メイク編~』!

“メイクの仕上がりの90%を決める”と言っても過言ではない、

ファンデーションの上手な塗り方をご紹介しましょう。



まずは本題に入る前に。

梅雨時期でお肌の調子が悪いと、どうしてもファンデーションの量が多くなりがち。

まずは前回の記事(『梅雨時期の美肌作り~スキンケア編~』)を今一度おさらいして、

お肌のコンディションをベストな状態にしておきましょう。



それでは早速本題にいきましょう。

化粧水と乳液でお肌を整えた後、まず忘れてはいけないのがメイク下地を塗ること。

特にリキッドファンデーションをお使いの場合、

「べたっとするので下地は塗らない」という方がいらっしゃいます。

ですが、これは大きな間違い。

メイク下地はファンデーションの密着度を高める大切な役割を果たすとともに、

化粧水や乳液で潤ったお肌の水分の蒸発を抑える大切な働きをします。

このプロセスを省いてしまうと、お肌の水分が

ファンデーションによって奪われることにもなりかねません。

乾燥はお肌の大敵、必ずメイク下地でお肌をしっかりと保護してあげて下さいね。

メイク下地を塗る際には、ファンデーション同様塗り過ぎに注意しましょう。

また、塗った後には肌表面をスポンジで軽く押さえてあげると、余分な油分が取れ、

ファンデーション崩れにくくなります。


下地でお肌を整えたら、ファンデーションを塗っていきます。

パウダーファンデーションの場合、顔の中央から外側に向けて、

少しずつ滑らせるように放射線状に伸ばしていきます。

適量は、ファンデーションをスポンジの1/4程度にさっと取った程度。

目の周りや口元はつい厚めに塗りたくなってしまいますが、

顔の中でも特によく動かす部分だからこそ、なるべく薄く塗ることを心がけて下さいね。

また、リキッドファンデーションの場合は、頬、額、顎というように

顔のパーツの中で面積の広い部分を中心にファンデーションを置いていきます。

その後、指の腹で伸ばしていくのですが、その際のポイントは「素早く広げること」。

各パーツに置いたファンデーションは、時間が経つにつれどんどん乾燥していきます。

乾燥してしまうと伸びが悪くなり、その結果ファンデーションの厚塗りの原因となります。

基本的に、ファンデーションは最初に各パーツに置いた量から追加してはいけません。

目の周りや口元等の気になるパーツには、余ったファンデーションを伸ばす、

もしくはスポンジを使ってよくたたき込むようにすると厚塗りを防ぐことができます。



ここまで、「ファンデーションはなるべく薄く」と何度も繰り返してきましたが、
「それでは心もとない!」という方がほとんどだと思います。

目の下のクマ、ソバカス、シミ、赤み・・・そういったお肌の悩みは

コンシーラーにお任せしましょう。

気になる部分にちょんちょんと少量のコンシーラーをのせ、

周囲との境目が目立たなくなるように優しく伸ばします。

その際に、あまり力を入れて伸ばしてしまうと、

ファンデーションまでヨレてしまうので注意しましょう。

また、コンシーラーの量が多すぎるとかえって不自然になってしまいます。

量の加減が難しい場合には、コンシーラーをチップにのせて塗ると失敗が少なくなります。

さぁ、美肌完成まであと一息。

メイクの仕上げに、大きめのブラシに少パウダーファンデーションを少量とり、

顔中央から外側に向けて、ブラシを撫でるように優しく滑らせていきます。

仕上げにこのひと手間かけることで、ふんわり優しい質感のお肌を

手に入れることができちゃうんですよ。


前回と今回、2回に渡って梅雨時期の美肌作りのポイントをご紹介してまいりました。

今年は長梅雨になるとの予想が出ていますから、

梅雨時期のメイク対策は万全にしておきたいものです。

何かと憂鬱な梅雨の季節。

この記事を読んだ皆さんがばっちり美肌を手に入れて、

少しでもHAPPYな毎日を過ごせますように☆
[PR]
by wasser_info | 2011-06-09 16:06