<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
お腹ポッコリ解消!
素敵に年齢を重ねた美しい30代、40代の女性に聞くと

プロポージョン作りに気を使い、ジムやエステに通っていると言う。

エステに通いたいなーなどと思っても結構大変ですね。

お金かかりすぎて、通えないのが現実。。。

ポッコリでてしまったお腹をなんとかしましょう!!


割れた腹筋!あこがれますがそんなに頑張るわけじゃなく、

ポッコリお腹を解消したいと思いませんか!?

むやみに、腹筋をやってもなかなか凹みませんのよ。

じゃーーどーすればいいかというと、

正しい腹筋のやり方を知って、理想のプロポーションをめざしましょう。




下腹がポッコリして見えてしまうのは、

皮下脂肪と内臓脂肪というふたつの脂肪が関係しています。

簡単に言うと、つまめてしまうのが皮下脂肪で、

内臓の周囲にあってつまめないのが内臓脂肪です。

この2種類の脂肪を落とすことで、ポッコリお腹を解消することができちゃいます。



ポッコリお腹を引っ込めるために毎日ながら方式トレーニングのおススメです。

こどもの頃体育の時間にやった腹筋運動なら、

今すぐにでもやることができますよね。

確かに、腹筋運動をすると腹筋を鍛えることができますが、

それが皮下脂肪と内臓脂肪を落としてくれるかというと、そうでもないのです!

毎日腹筋をやっているけれど、お腹周りのサイズが小さくならないとか、

体重が落ちないという体験談が多いことからも、

腹筋運動がすぐにダイエットにつながらないということがわかります。


腹筋の後は、脂肪を落とす効果的な運動として知られていると思いますが、

ジョギングウォーキングなどの有酸素運動をしましょう。

特に内臓脂肪には筋肉トレーニングなどの無酸素運動よりも有酸素運動の方が

より効果的と言われているんですね~。

ダイエットしたい方は、ジョギングなどで脂肪を落としながら、

腹筋を鍛えて肥りにくい体を作るということを目標にしちゃいましょう!!!

そこで飽きっぽい性格で困っている私でもつづいている

「お腹のながらトレーニング」をご紹介します。

「ながら運動」。

少し前に流行りましたよね。

何かをしながら手軽に運動を行うというものです。

トレーニングは使っている筋肉を意識しながら集中して行うのがベストです。

あ~この重たくなった脂肪よ!燃えろ~~と念じて下さい。(笑)

冗談はさておき

全く何もやらないくらいなら「ながら運動」をした方が圧倒的に効果を期待できます。

当たり前の話ですね。

回りくどくなりましたが、簡単に表すと↓

しっかり集中して運動 ≧ ながら運動 > 何もしない になります。

ということで今日は椅子に座りながら(テレビを観ながら?)

お腹のシェイプアップを目指ちゃいましょう。

くびれたウエスト目指すゾーーー!!

まず、椅子に浅く腰をかけて座ります。(写真①)

f0179665_2092238.jpg



この時、腰に負担が掛からないように両手で軽く身体を支えましょう。

身体が一直線になった状態からまずは右膝と上半身を近づけてください。

この動作をお腹の力で行います。(写真②)

f0179665_2085880.jpg



足を戻す時もすぐに力を抜かずにお腹の力でブレーキをかけながら戻してください。

右足が終わったら次は左足。

左右5回ずつ×2セットを目安に頑張りましょう。

動作中は呼吸を止めないように気をつけてください、(膝を上げる時に吐く、戻す時に吸う)

お腹にまだ余裕がある方はもう1種目お付き合いを。

今度は両膝を一緒に上げた状態でキープ。(写真③)

f0179665_2083032.jpg



腰に負担がかからない高さで行います。

10秒×3セットが目安です。

腹筋は姿勢を保つだけでもトレーニング効果が期待できます。

綺麗な姿勢を保ちながらお買い物をする。

これが一番実行しやすい「ながら運動」かもしれないですね。

いかがですか?もうダイエットに飽き飽きしてるでしょ~

もっとこう何か、これだー!って事がなかったのですが、

「お腹のながらトレーニング」教えていただいてこれがなかなか簡単で癖になっています。

少し筋肉痛う~~です。

美しさにはやっぱり痛みがつきものだと言う事も痛感です!!!

痛感の後には快感~!!!

ポッコリお腹よさようなら~

いつまでも若々しく美しく。


byビューティーマリア
[PR]
by wasser_info | 2010-10-18 20:10
美乳のための美食成分
美乳のために、体内から注意して変えていきましょう。

美乳作りは=美肌作り。

お肌にも良いので、お試しくださいね。

ビタミン類やミネラル、筋肉や血液を作り出す「たんぱく質」など。

美乳になるための成分の多く含む食べ物をご紹介いたします。

毎日の食生活をバランスよく取りましょう。

美乳を手に入れて健康的にバストアップを目指しましょう!!!

では、ビタミンから見てみましょう。



●ビタミンA(カロチン)

美白、美肌の効果効能が期待されます。

脂質に溶ける脂溶性ビタミンですから、油で炒めて吸収率をUPさせて食べましょう!

ビタミンCを助ける作用でも知られていますね。

皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。

不足くすると皮膚の抵抗力が低下して肌荒れの原因になります。

ガン予防や治療にも効果があるんですよ。

またカロチンは体内でビタミンAに変わるのでカロチンもビタミンAと同じ働きがあるんです。

取り過ぎには注意が必要です!


■ビタミンA(カロチン)を多く含む代表食品
生クリーム、レバー、マンゴー、ピーマン、アスパラガス、バター、チーズ、ウナギ、ニンジン、カボチャ、ほうれん草、ニラ、白菜、ししゃも、キャベツ、ウニ、赤貝、バジルなど



●ビタミンB2

美乳には、毎日取りたいビタミンです。

皮膚などを健康にた保つビタミンの代表のビタミンB2。

細胞の生まれ変わりや成長を促す効果があり、不足すると即、

お肌や粘膜がかさつく原因にもなります。

ほかにも脂肪の代謝を助ける働きがあり、ダイエット飲料にも多く含まれています。

熱やアルコールに弱いので、加熱しないでくださいね。

なるべく生で食べましょう。

体内にためておく事が出来ませんのでこまめに取ってくださいね。


■ビタミンB2を多く含む食物
乳製品、モロヘイヤ、豆類、ウナギ、シソ、レバー、納豆、卵、パセリ、菜の花など。




●ビタミンB6

皮膚炎を予防するビタミン。

体内で作られやすいので、あまり不足しにくいと言われています。

果物のバナナなどには多く含まれています。

間食にバナナを食べるののもおすすめです。

たんぱく質(アミノ酸)の代謝に必要なビタミンで、

お肌や粘膜のトラブル(肌荒れ・ニキビ)を予防でき、

肌荒れ・ニキビなどのお肌のトラブルを改善する効果があります。


■ビタミンB6を多く含む食物
きな粉、だいず、あずき、マグロ、カツオ、いわし、サンマ、サケ、牛レバー、レバー、鶏ひき肉、豚もも肉、プルーン、アボガド、バナナ、サツマイモなど




●ビタミンC

コラーゲンの生成を助け、肌のハリやキメを整えます。

美乳! 美肌の代表ですね。

紫外線や、アルカリや酸に弱い欠点があります。

血管や皮膚、粘膜や骨を強くし、細胞機能、免疫力を高める効果があります。

不足するとシミやシワの原因となります。

毎日取りやすいビタミンです。

ストレスを和らげ、活性酸素の害からも守られます。

アレルギー反応を抑え、肌のハリをもたせます。


■ビタミンCを多く含む食物
パセリ、グアバ、パパイヤ、ブロッコリー、キウイ、赤ピーマン、ピーマン・レモン、アセロラ、柿、イチゴ、みかん、小松菜、ほうれん草など



●ビタミンE

女性ホルモンの分泌を助けて、ホルモンバランスを整える事ができます。

熱や紫外線には弱いんです。

酸化しやすいので、ドレッシングなどで取るのもいいですね。

肌老化の予防になります。

過酸化脂質ができるのを防ぐ効果があります。

不足するとシミ、血行不良から冷え症や肩こり、頭痛を起こしやすくなり、

生理痛や更年期の諸症状がひどくなる原因となるといわれています。


■ビタミンEを多く含む食物
オリーブオイル、アーモンド、トウガラシ、小麦胚芽、赤ピーマン、落花生など



●たんぱく質

皮膚、筋肉、血液、骨をつくる働きがあります。

バストアップのためのバストの張り、健康には必須の成分です。

不足すると体力が落ちて、頭の働きも鈍くなります。

ただし、摂取のし過ぎは肥満の原因にもなりますので注意してください。

また、植物性と動物性をバランスよく摂ることも大切です。

■たんぱく質を多く含む食物
マグロ赤身、カツオ、トリササミ、皮なしトリ胸肉、チーズ、ヨーグルト、納豆、卵など



☆☆☆簡単に作れる美乳の為のメニュー☆☆☆
【チリビーンズドリア】

≪材料 2人分≫
トマト缶・・・1/2缶
ミックスビーンズ(缶)・・・50g
玉ねぎ・・・1/2個
さつま芋・・・中1/3個
人参・・・1/2本
ベーコン・・・40g

(A)
オリーブ油・・・大さじ1/2
にんにくみじん切り・・・少々

チリパウダー・・・お好みで
バジルの葉・・・1~2枚

水・・・1/2カップ
塩・・・小さじ1/4


≪作り方≫
(1)玉ねぎ、さつま芋、人参は全て1㎝角のさいの目切りに、ベーコンも1㎝角に切る。

(2)鍋に(A)を入れ、良い香りがしてきたらたら、玉ねぎ・人参を良く炒める。

(3)ベーコンとミックスビーンズ、チリパウダーを加えてなじませたら、トマト缶と水、バジルの葉を手でちぎって入れて10分程度煮る。

(4)じゃが芋と塩を加えてさらに煮込む。じゃが芋に火が通り、水分がなくるまで煮詰める。

(5)耐熱用容器に雑穀ごはんを盛り付け、(4)、チーズの順にかけオーブンで焦げ目がつくまで焼く。


≪POINT≫
ビタミンA:チーズ、にんじん、バジル
ビタミンB2:チーズ、ミックスビーンズ、雑穀ごはん
ビタミンB6:さつま芋
ビタミンC:さつま芋、にんじん
ビタミンE:オリーブオイル、雑穀ごはん
たんぱく質:ミックスビーンズ、チーズ


美乳目指して体内からしっかりビタミン補給しましょう。

▼レシピ監修柴田 真希先生

▼【美穀小町】厳選国産100%雑穀・ショッピングカート
http://bikokukomachi.cart.fc2.com/

ビューティーマリア♪
[PR]
by wasser_info | 2010-10-09 09:29