<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
全身美しくなるための美肌入浴法
冬の寒さで血行が悪いまま春を迎えて体調を悪くする方も多いはず。

やはり毎日の入浴で芯から体を温め体調を整えましょう。

実は、本当に体を温める入浴法は、知っているようで知らない方が多いようです。

体を芯から温める入浴方法と、バッサ化粧品を使ったお手入れ方法をご紹介していきましょう。

まずは注意です!

熱いお湯は体を温めないって知っていますか?

しかもストレスになるんですよ!

例えば、美味しいとかはべつにしてお肉を強火で焼くと

中まで焼けずに外は丸焦げになりますよね。

そして弱火でゆっくり焼くと中までしっかり焼けます。

このように体を温めるのは、熱いお湯よりぬるめのお湯にじっくり入ることです。

熱いお湯は、皮膚を強く刺激し、ストレスになります。

また熱いお湯であるほど、長くつかっていることはできません。

したがって、お湯で温められるのは皮膚の表面だけで、

体の芯までは十分に届かないのです。

そこでお湯につかるのは、ぬるめのお湯にみぞおちまでで十分なんですよ。

肩までつかると体に負担がかかってしまいます。

心臓を温めすぎると、心拍数が高まるからです。

通常でも、入浴は内臓を刺激して、かなりの運動量に相当します。

上手に入浴してダイエットに取り入れましょう。



★全身美肌になるには

体を芯から温める入浴法を毎日の日課にしましょう。

(A) 「温冷浴」

水とお湯に交互につかって、血液循環をよくし、皮膚をほどよく刺激して、

自律神経の働きを活性化しましょう。

水につかるのが苦手な方は、風呂上がりに足元にさっと水をかけるだけでも、

湯冷めしにくくなりますよ。
 


(B) 「部分浴」

おへその下だけ入浴する下半身浴や手足温浴で、

いずれもこれらの部位の血液を活発にし、冷えのもとである手足に滞った血流を促す効果があります。



(C) 「分散浴」

10~15分お湯に入り、体を洗い、また入る、シャンプーリンスして、

また入る、歯を磨いてまた入る、ということを繰り返す入浴法です。

同じお湯に続けて入る通常の入浴より、「分散浴」の方が体が温まって、

入浴後も湯冷めしにくいことがわかっているので、

出たり入ったり入浴を繰り返しましょう。



★春のかゆみ対策★


肌が乾燥する春。

季節の変わり目は特に肌のかゆみが気になる季節でもあります。

かゆみの7割はお風呂が原因だと言います。

かゆみに悩んでいる方はここでもう一度入浴方法を見直してみましょう。

先日友達が気が狂いそうなほど、足がかゆいと相談がありました。

『入浴してる?ゆっくりぬるま湯につかって足をマッサージしてみてくださいね』

とアドバイスしたら簡単に治ったそうです。

以外にゆっくり入浴していない方が多いんだなーと実感いたしました。


フローリングで素足、入浴もシャワーのみ、足がしもやけになっていたのです。

いまの時代にしもやけ?って意外な事にあたためる事の大切さは

まだまだ実行出来ない方が多いのが現実。

また、お風呂では体を洗いすぎないようにします。

ナイロンタオルや、あかすりでゴシゴシこすると、

肌の角質層を痛めて、かゆみの原因になります。

泡だけで洗っても、洗浄後の細菌は十分なんですよ。

また、角質層を壊さず、お肌の水分量を保つことができます。




そんな乾燥肌もバッサ化粧品を使って忘れてしまおう~


★バスタイムを楽しむ!

たまには自分にご褒美でビューティバスタイム!

バッサの美容液でボディマッサージをしてみましょう。

水分を軽くふいて固くなったかかとから、ふくらはぎ、

太ももへ美容液をつけて少し乾かしましょう。

そしてもう一度美容液をつけてくるくる下から上にマッサージします。

ぽろぽろでてくるまでマッサージしてさっとお湯を流しましょう。

いらない角質が取れてお肌スベスベ。

それから、バッサクレンジングを洗面器に20プッシュ入れて

ぬるま湯を洗面器半分入れてかかとを洗面器の中で

マッサージしてスベスベつるつる美脚を作りましょう。

ボディが終わったら、お顔もバッサ美容液で1分マッサージ、

バッサローションマスクもゆっくり湯船につかって10分してみましょう。

肌が乾燥しがちな季節、バスタイムバッサ化粧品で楽しんでみてはいかがでしょうか。

f0179665_10475491.jpg
[PR]
by wasser_info | 2010-02-23 10:49
ベースメイクでお肌の悩み解消!
健康的なお肌を実現しましょう!!!!

お悩み解決別、修正テクニック

ベースメイクでお肌の悩み解消しましょう。

今年の春は極上ツヤ肌をめざして、透明感のあるメイクアップを目指しましょう!


【悩み別解決方法】

☆シミ

①コンシーラーをブラシに少量取りシミの部分にのせ周りをぼかします。

②ファンデーションを軽く押さえるように付けて行きます。

注!!ファンデーションを付ける時はコンシーラーがずれない様に丁寧に付けましょう。

   クスミやシミの色が濃い時はオレンジのコンシーラーがお勧めです。

   目の下のクマにも同様にお使いいただけます。






☆色黒

≪やや色黒≫

①コントロールカラーのグリーンを付けて透明感を出します。

②ご自身の肌の色よりやや明るめのファンデーションを付けます。

注!!フェイスラインと首の境目を自然になじむように薄くぼかしましょう。


≪かなり色黒≫

①コントロールカラーのオレンジを薄く付けて明るさを出します。

②ハイライトをベース又は仕上げの段階でTゾーンに入れます。

③オレンジ系のチークを入れます。

注!!ハイライトを仕上げで入れる時は細かいパール入りがお勧めです。

   ハイライトはイエロー又はオレンジがかった色を使うと効果的です。





☆ニキビ

①赤みの目立つ場合はコントロールカラーで赤みを押さえるかコンシーラーでカバーしましょう。

②パウダータイプのファンデーションで押さえて行きます。



☆血色が悪い

①コントロールカラーのピンクを全体に入れます。又はチークを入れる箇所に淡くぼかします。

②クスミが無い時はピンク系のファンデーション、クスミがある時はオークル系のファンデーションをつけます。

③チークはピンク系かコーラル系をお勧めします。




☆キメの荒いお肌

①皮膚をひっぱりながらファンデーションをあらゆる角度から埋め込んで凹凸を平均化させます。

②スポンジで余分なファンデーションを取ります。

④パウダーで押さえお肌への光の反射を均一にします。

注!!肌をマットにする分目元口元に艶感を出すと効果的です。

   仕上げハイライトはパールの入ったものは避けましょう。






いかがですか?肌の色によってテクニックが変わります。

ベースメイクがウマくいけば80%ツヤ肌美人!

極上のツヤ肌をめざしてね!
[PR]
by wasser_info | 2010-02-11 09:02