<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
冬に簡単美味しい美肌レシピ
今日の一品に美味しい、美肌の元!

野菜たっぷりですぐ作れる簡単レシピです★

手早く作れるおかずから、参考にしていただけましたら幸いです。

美肌は毎日の食べたものによって10年後の肌に出るってしていましたか?

食べ物でお肌は記録されてるのかも知れませんね。

美肌にはなんと言っても美味しいゴハンがいちばん大事なんです。

では、簡単に作くれるレシピ紹介いたします。




●根茎・レンコン

ビタミンC、ミネラルが豊富、B12を含有、また食物繊維が豊富。

れんこんからひく糸の正体はムチン。

れんこんの切り口が変色しやすい正体はタンニン、

免疫力アップのアシスト役 レクチン。



●肥大した直根 ・ダイコン

ビタミンC、ビタミンPが豊富。

でんぷん分解酵素アミラーゼ(消化酵素ジアスターゼ)



【★根菜たっぷり簡単筑前煮風】

f0179665_12513369.jpg



▼材料 ( 4人分 )
鶏もも肉‥‥‥1枚(250g)
☆酒‥‥‥‥‥小1
☆醤油‥‥‥‥小1
☆みりん‥‥‥小1
れんこん‥‥‥2個(400g)
大 根‥‥‥‥2/1本
みつば‥‥‥‥適量
サラダ油‥‥‥適量
★だし汁‥‥‥3カップ
★酒‥‥‥‥‥大2
★砂糖‥‥‥‥大2
◆醤油‥‥‥‥大2
◆みりん‥‥‥大2
◆塩‥‥‥‥‥1つまみ





●葉・葱
ビタミンC、カルシウム、カロテン、鉄が豊富

【★とんぺい焼き】

f0179665_1372232.jpg



トンペイ焼きは、大阪ではポピュラーですが、東京ではあまり見かけないですね。

西麻布のお好み焼き屋さんで覚えました。

「大阪焼き」だと言う方もいらっしゃいますね。

正式には「とんぺい焼き」という名前なんですって。



▼材料 ( 4人分/2枚 )
豚薄切り肉‥‥‥150g
玉子‥‥‥‥‥5個
小葱‥‥‥‥‥適量
ソース、小ネギ、各適量(お好みでマヨネーズ)

▼作り方
玉子に塩ひとつまみいれて、ときほぐしておきます。

豚バラ肉の薄切りを適当に切り、フライパンで焼きます。

豚コマ肉やとんとろでも美味しいです。

豚肉が焼けたら、玉子を流し込みます。

お皿に盛って、ソースをかけてー、小葱をちらします。





●葉・ほうれん草
鉄、カルシウム、カリウム、カロチノイド、ビタミンA


【★ほうれん草のお浸し】

f0179665_13105674.jpg



▼作り方
鍋にたっぷりの湯をわかし、沸騰したら塩を加える。

ほうれん草の根元から茎を鍋に浸け、10数えたら手を放して葉っぱ部分も鍋に入れる。

冷水にとって色の劣化を防ぐ。

水気を絞ったほうれん草を3~4センチの均等幅に切り分ける。

麺つゆ、花鰹を散らしてできあがり。



●肥大した直根 ・カブ

ビタミンC、カルシウム、ビタミンA効力


【★和風わんたん】

f0179665_132115.jpg



豚ミンチ‥‥‥‥150g
ワンタンの皮‥‥‥1袋(30枚)
カブ
葱‥‥‥‥‥1束
日本酒‥‥‥小さじ4
醤油‥‥‥‥大さじ2
塩‥‥‥‥‥適量
黒胡椒‥‥‥適量
鰹だし汁‥‥‥4カップ
みつば‥‥‥‥適量





●側根や不定根に由来する塊根・サツマイモ

カリウム、カルシウム、ミネラル、ビタミンB1、ビタミンB6

【★ちょー簡単大学芋!】

f0179665_13204120.jpg



薩摩芋‥‥‥‥‥大2本
サラダオイル‥‥‥‥‥大さじ4くらい
砂糖‥‥‥‥‥大さじ4くらい
<みつ>
砂糖‥‥‥‥‥大さじ6
みりん‥‥‥‥‥小さじ2
しょうゆ‥‥‥‥‥小さじ1
水‥‥‥‥‥大さじ1.5

▼作り方
1: 薩摩芋は良く洗い皮ごと乱切りにしたら10分ほど水につける。先の尖った切り方が、あとで先端がカリカリして美味しいんです。

2: フライパンに油大匙3をいれ砂糖大匙3をふりいれ、その上に水気をペーパーなどでぬぐった芋を平たく並べ、蓋をし点火。

3:中火くらいで加熱し、パチパチ音が激しくなったら火を弱め、約10分。芋に竹串がスッとささったら砂糖が絡むまで炒っていく。

・別の鍋に<みつ>の材料を入れて中火にかけ、少しトロミがつくまで煮詰める。
良い具合に表面が均等にカリッとしてきたら、皿に盛りみつをかけて出来上がり。(*^_^*)

余分な油は鍋に残りちょーヘルシーでしょ!


根の物・茎の物・葉の物・実の物をバランス良く食べると美肌を維持するのに発揮します。

美味しい美肌料理で肌健康を維持しましょう。

実の物は果物で簡単に取れるので、朝食にいただきましょう。

バランスの良い食事を毎日心がけて美肌になりましょう。
[PR]
by wasser_info | 2010-01-20 12:52
冬の乾燥
本格的な冬の到来を迎えこの1月は冬のお肌対策をしっかりといたしましょう。

冬は北風の影響で、冷たく乾燥した大気にすっぽりと包まれる季節です。

この季節はお肌の大敵である寒気・乾燥が襲ってくるため、

皮膚にとっては最も過酷な季節なんです。



-----冬の乾燥肌-----

暖房による空気の乾燥や、冷たく乾いた空気は

お肌から水分を急速に奪ってカサカサにします。

その結果小じわなどが増え、かゆみなども引き起こします。

冬は他の季節よりお肌に保湿ケアを大切にしないと、

取り返しのつかない事になります!


-----寒気と乾燥のお肌に与える影響とは-----

冷たい風を受けると皮膚表面の毛細血管が細くなり、

新陳代謝のサイクルが遅くなります。

そうすると、お肌に栄養が行き渡らず、酸素不足を招いて皮膚表面の

お肌を守るバリア機能までもが弱くなっていきます。

さらに、皮脂の分泌量も減少してお肌を守る皮脂膜がきちんと作られず、

無防備な状態になります。


★寒気と乾燥は皮膚表面はもちろん、皮膚の内部にまで悪影響を及ぼすので、

潤いや弾力が急激に失われ、老化を早める原因となります。




-----冬のお肌をツルツルに保つには・・・-----

規則正しい生活と食生活とバッサ化粧品で毎日のお手入れが大切です。

冬は外に出るのがおっくうになりがちですね。

出来るだけ適度な運動をしましょう。

簡単なストレッチやウォーキングや公園の散歩、水泳、などの有酸素運動は、

免疫力を上げ、血液循環を良くしお肌に栄養を与えます。



○★○☆冬のお肌の状態を見てみましょう。○★○☆

いくつ当てはまりますか?
3つ以上ある方は注意が必要です。

☆乾燥して全身お肌がカサカサ
☆小ジワが目立ってきた

☆お肌が敏感になり、触っただけで赤くなる

☆顔色がいつもより悪い

☆お肌の全体にくすんでる

☆目の下のくまが気になる

☆お肌にハリがない

☆頬がたるんでる


3つ以上ある方は次のお手入れをして

早く乾燥を解決してプルプルなお肌に致しましょう。


-----乾燥対策-----

■バッサ化粧品ローションマスク

■バッサ美容液でのマッサージ

■洗顔後、10分以内にお手入れ開始!

■マッサージで血行を促進させ、お肌の新陳代謝を促進させよう。

■加湿器などを利用し、室内の湿度を50%~60%にコントロールしましょう。

おやすみ前に、ちょっとしたひと手間をしてリラックスしてお手入れしましょう。



○★○☆質の良い睡眠を効率よく上手にとりましょう。○★○☆

質の良い睡眠とはどんな睡眠をいうのでしょうか。

短時間ですっきり目覚めるときもあれば、たっぷり眠ていたいときもありますね。

それが目覚まし時計をかけて無理矢理目を覚まそうとしたら、なんだか不機嫌になりませんか?

お昼寝やうたたねでも、

1.すぐに寝つけて

2.深い眠りで夜中に目が覚めない

3.眠る前と眠った後で、眠った後のほうがすっきりしている

と言うのが質の良い睡眠かなと思います。

リラックスできる香り、ラベンダーなどは有名ですが、

ベルガモット、サンダルウッド、オレンジスウィート、ネロリなどは安眠効果があります。

自分の好きな香りで大丈夫です。

睡眠をしっかり摂ることで、美肌作りに欠かせないホルモン ⇒ "プラクチン"が分泌されます。

プラクチンは、お肌に潤いを与える働きがあるので、お肌の回復のためには睡眠が大切なんです。



○★○☆腸内環境も整えましょう!○★○☆

腸内環境を整え驚くほどの美肌つくりをしましょう。

体内の老廃物が一番多く溜まっている大腸。

老廃物を排出(デトックス)させることで美肌効果が高まります。

デトックスをすると、血行促進されるため、肩こり、腰痛、冷え性が改善されます。

それに、新陳代謝がよくなるので、脂肪の燃焼や余分な水分の排出がスムーズになります。

腸内の善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌)を増やしてくれる

ヨーグルトや牛乳を積極的に摂りましょう!

腸内環境を整える水溶性食物繊維(海藻類・こんにゃく)と、

排便を促がす効果のある不溶性食物繊維(イモ類・ごぼう・切干大根)を多く摂りましょうね!


○★○☆簡単なコラーゲン料理○★○☆

◇エッグチキンのワイン煮
材料
ワイン: 500ml
手羽先: 10羽
ゆで卵: 10個
タマネギ
ニンニク: 5片
コンソメ固形スープ: 3個
黒こしょう
オイスターソース

を入れ30分煮詰めるだけの簡単料理。


f0179665_16183036.jpg




f0179665_16184758.jpg






◇鶏団子野菜うどん
鶏ひき肉:200g
大根
ねぎ
人参
白菜
舞茸
卵: 2個

500mlのお湯の中に材料を入れて煮立ったら冷凍うどんを入れて

粉末つゆの素(ヒガシマルうどんスープなど)を入れて

ひと煮立ちしたら溶き卵を入れて軽くかき混ぜて完成!



f0179665_16175665.jpg




f0179665_16181140.jpg




いかがですか?簡単でしょ~!?

コラーゲンを毎日取って体内から暖めて、お肌もプルプルです。

今年の冬は寒さからお肌を守って、

体内外から潤いキープを目指しプルプル肌にしましょう~!!!
[PR]
by wasser_info | 2010-01-10 16:18