<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
大人のニキビ
大人になってニキビが出来るなんて、何で出来るのでしょう?

ニキビの原因のひとつとして、ストレスが原因の場合が多いものです。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れると、

大人ニキビに影響を及ぼすと言われています。



なんと!ストレスが脳への信号となって伝わってしまい、

男性ホルモンが多く放出されてしまうんです。

男性ホルモンはストレスを退治してくれるんです。

が、しかし・・・男性ホルモンが必要以上に分泌されてしまうために、

皮脂分泌も過剰になり、結果としてそれが毛穴に詰まることによって、

大人ニキビにつながります。


f0179665_2144431.jpg



よって、大人ニキビの原因の1つであるストレスを

溜め込まないことが大切と言うことなんですね。

環境や人それぞれ、ストレスの原因や解消法も様々です。

上手にストレス解消をして、なるべく男性ホルモンが盛んに放出されないように、

大人ニキビを予防しましょう。




大人ニキビって、毛穴の中に開口部のある皮脂腺から

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に詰まってしまうんです。

そのまま「コメド」という脂の固まりになります。

これに雑菌が繁殖して“炎症”が起きてできたもの、といわれてきましたが、

最近では大人ニキビの“炎症”を引き起こしたり悪化させたりするのは、

毛穴の中で発生した活性酸素が関係しているんです。

皮膚の表面や毛穴の中には常にニキビ菌がいます。

このニキビ菌はリパーゼという酵素を出して、

餌となる皮脂を脂肪酸に変え“炎症”を引き起こすんです。

つまり、大人ニキビと“炎症”の関係とは、

原因に対して生体に起こる防御的反応である“炎症”と、そ

の結果身体に起きる反応である大人ニキビという関係が成り立つんですよ。




大人ニキビが悪化すると、皮膚の表面に『しこり』ができます。

では、『しこり』とはどういう状態のことでしょうか。

まず大人ニキビの中には、毛孔内の皮脂が酸化して黒くなり、

毛孔入口から脂分が黒くなって見えている“黒ニキビ”や、

毛孔入口が全く閉鎖し、出られなくなった皮脂が毛孔内で詰まった状態の“白ニキビ”があります。

それが化膿すると紅色のブツブツができ、毛孔内部で炎症を起こしている“赤ニキビ”へと変わります。

さらに大人ニキビが悪化すると、ニキビの表面が化膿し赤くなり膿庖(のうほう)ができます。

それがさらに進むと、皮膚に凹凸ができるアバタやケロイド状態、そして『しこり』ができます。

『しこり』とは、大人ニキビの化膿が皮膚の深い部分にまで達し、

皮膚の異常再生が起こった状態のことをいいます。




そこでニキビに効果的なツボをご紹介いたします。

簡単なのでやってみましょう。

ニキビ、吹き出物に効果的なツボ<ポイント>

お肌に元気を与える万能のツボと言われる「 合谷 」は、

粘膜や皮膚に対して効果があり、刺激することによってお肌の回復を早めます。

またお肌のトラブルは胃腸の不調とも深く関係していることも多いので、

弱っている消化器系に直接アプローチできる「 曲地 」を刺激することにより、

間接的にニキビ、吹き出物を治すことになります。


1.合谷(ごうこく)
手の甲側の人差し指と親指を大きく開いたときに、2つの骨が合わさる付け根のへこんだ部分にあります。

<刺激法>
なるべく大きく親指と人差し指を開いて、もう一方の手の親指と人差し指ではさむように力を入れて押します。

2.曲地(きょくち)
ヒジを曲げた時に出来る横ジワの親指側先端の窪みにあります。

<刺激法>
ヒジを軽く曲げてもう一方の手でヒジをつつみ込むようにして、親指で押したり揉んだりします。

暇を見つけて刺激を繰り返して頂くと、徐々にお肌も回復していきます。

3.顔と頭のツボ
四白・巨髎・地倉・下関・頬車は胃経(胃腸障害)に効果的。

頭頂部 百会はイライラ、ストレスに効果的。


バッサの美容液で殺菌し、アクネ菌を退治し、

ローションパックで水分補充や保湿アップで大人ニキビをケアいたしましょう。


f0179665_20494745.jpg



[PR]
by wasser_info | 2009-07-20 20:30
夏の冷え性と冷え性から来る顔のむくみと肌のくすみ
蒸し暑い日が続きますね。

もう、クーラーを入れているオフィスがほとんど、

デパートに入ると寒いくらいですね。

クーラーで夏も冷え性で頭が痛くなったり肩が凝ったりしませんか?

足の先や手の先がいつも冷たくなって、

夜ぐっすり眠れないなんて良く耳にします。

冷え性で全身の血行が悪くなると、

皮膚の新陳代謝がスムーズにいかず、

古い角質がたまって肌荒れの原因になります。

夏は紫外線を浴びる機会も多いため、

ターンオーバーが乱れ角質肥厚を起こしやすくなるのですが、

これもまた、くすみやシミのもととなります。

また、目の下は、皮膚が薄く毛細血管がうっ血した状態が透けて見えるので、

青黒いクマとなってあらわれます。

体の冷えは、肌の冷えでもあるのです。

f0179665_12172650.jpg



あなたもこんな症状がありませんか?

「靴下を2~3枚重ねて履かないと、足が冷い」

「体が冷えると、お腹の調子が悪い。」

「冷えから、首や肩凝りがひどくなる」

「風邪をひきやすい」

「めまい」

「立ちくらみ」

「顔のむくみ」

「肌のくすみ」など。



近年、特に女性の方で、冷え性でお悩みの方が

非常に多くなってきていると言われています。

冷え性は、良好な血液の血流が悪くなっている事が第一の原因と考えられています。


自分は、生まれもって冷え性の体質だから、しょうがない

冷え性と上手に付き合っていかなければならない、とあきらめていました。

それもそのはず、冷え「性」を字で書くと

冷え「性」であって、冷え「症」ではありません。

西洋医学では「冷え性」という病名がなく症状・病気として扱っていないようです。

「せき」や「頭痛」「腹痛」などに対する適切な診断や処方薬は出してくれるのですが

「冷え性」に関しては、体質改善と位置づけられているようなのです。

病院に行っても「体質改善が必要ですね」と

異口同音に言われるのも納得です。

冷え性でお悩みの皆様も、「体質だから、しょうがない」 とあきらめていませんか?

しかし、冷え性は、さまざまな病気の引き金になるとも言われています。

冷えは体中に影響を及ぼします。

それでは、冷え性の体質改善は

どのようにすればいいのでしょうか?



1:【衣服で対策!】

出来るだけ、急激な冷え込みに対してガードするつもりでいましょう。

カーディーガンやストールでクーラー対策や靴下を持ち歩くだけでも、ぜんぜん違いますよ。


2:【体を温める食事】

鍋がいいとも言われていますが、

夏は鍋はあまり食べませんよね。

基本的にたんぱく質やミネラルといった成分、

体の中からあったまってくれる食品を摂取しましょう。

良いといわれているものは、根菜といって、土にはいっているものです。

ネギやニンニク、生姜が冷え性対策に効果ありといわれています。

生姜茶は私も良く飲んでいます。

f0179665_12174495.jpg



3:【入浴時間を長くとる!】

一番効果があるのは、この入浴時間を長く取ることだとも言われています。

できるだけ半身浴で、38度くらいのぬるめのお湯に、30分浸かるだけでも、

汗が出てきたりするので、体の老廃物も出てきます。

この時、手をお湯につけていると、のぼせる事にもなりますので、外にだしましょう。

日本酒をコップ1杯入れたり、お塩を入れたり、発汗効果のある入浴剤も効果的です。



4:【足湯"フットバス"】

温泉地などで、足湯があるところが増えています。

足だけお湯につかるだけでも身体を暖めて冷え性の改善になるのです。

ただ時間がない時や温泉地が近くにない時は

手軽に出来る足湯【フットバス】がおすすめです。

足湯は40度前後の温度が適温だといわれています。

足湯"フットバス"は簡単でお金をかけることもなく、

楽しみながらいつでも出来るお手軽な冷え性克服アイテムだと思います。

「毎日お風呂に入るときにシャワーだけで済ませている」人や

「湯船にきちんとつかっていてもやっぱり冷えてしまう」人に特におすすめです。



5:【適度な運動】

通勤時はいつも、エレベーターを利用して上まで上がっていませんか??

日ごろからちょっとした運動が、実は冷え性にも効果があるのです。

体の新陳代謝が弱くなってしまうと、体から熱も発さなくなってしまいます。

適度な運動を心がけましょう。

最近ではホットヨガも冷え性に効くので流行していますね。



6:【蒸しタオルと冷タオル】

顔のむくみの応急処置としておススメなのが、

蒸しタオルと冷タオルを交互に使う方法です。

まず、蒸しタオルを顔にのせ、じんわりと顔全体が温まったら、

今度は冷タオルで冷やします。

これを4~5回ほど繰り返すことで、顔の血管が拡張・収縮し、血行が良くなります。



7:【首のマッサージ】


肌がくすんでいたり、クマがあるときは、

血行を促進する目の周辺のツボや、

顔全体と首のマッサージをしてみましょう。

軽くマッサージすると、さらに効果的です。

首は頭部へ血液を送る大事な場所ですが、

重い頭を支えるために筋肉が緊張し、血流が滞りやすい場所でもあるのです。

これらを参考にして、冷え性対策!



夏は冷房や冷たい食べ物などで、

体が冷えやすい環境にあるといえます。

冷えると体は、どんどん水分を溜め込みやすくなり、排出しにくくなります。

その結果が「むくみ」となって表れてくるので、

夏の冷え性は肌のトラブルを招く原因にもなるので、早めに対策をとるようにしましょう。
[PR]
by wasser_info | 2009-07-10 12:15