<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
美肌のための食
ただ野菜を食べるのではなくて、5色をそろえて野菜を食べるとやせやすい体質に改善してくれる!

また、お肌もきれいに!!!

正月太りでやせにくい体の原因は

腸 = 暴飲暴食で毒素だらけ

血液 = 酸素を運べず老廃物を捨てられない

基礎代謝 = 運動不足



白:玉ねぎ にんにく セロリ 大根 白菜 れんこん ごぼう なす じゃがいも 里芋 カリフラワー えのき
=食物繊維。腸の掃除


赤:パプリカ トマト とうがらし にんじん いちご スイカ 赤しそ そばスプラウト
=カロテノイド。毒素の除去

緑:葉もの いんげん パセリ ピーマン ブロッコリー きゅうり 枝豆 アスパラガス
=クロロフィル。新しく丈夫な赤血球を作る


黒:きのこ類 きくらげ 海藻 黒ゴマ 黒豆
=メラニン。あまった糖分を減らす


黄:とうもろこし たけのこ かぼちゃ 生姜 大豆 さつまいも
=フラボノイド。ホルモンバランスの崩れによる体の機能低下を整える
 

5色の野菜とごはんやパンの主食だけの食事を週末2日すると1ヶ月、

2日ごとに野菜食と通常食を繰り返すと10日で体質改善されて美肌になります。

体を冷やす飲み物を避けてくださいね


●あなたは大丈夫??表情筋衰え度チェック!!

1□寝転んで横向きになった顔や下を向いた顔が、正面から見た顔とは違う

2□あごの下の肉がたっぷりつかめる

3□最近、急にたるみが気になり始めた

4□パソコンの画面を1日中見たり、目を酷使したりすることが多い

5□鼻の頭から左右の頬の幅を測ると、長さが違う

6□よく「顔色が悪いよ」と言われる

7□夕方になると脚がパンパンにむくむ

8□体がなんとなく重く感じる

9□くすみ改善美容液を使ってもいっこうに改善しない

10□冷え症で悩んでいる

11□ぼんやり考え事をしているとき、口を開いていることが多い

12□冬に限らず、唇がカラカラに渇いてる

13□朝起きたとき、のどが痛い、もしくはカラカラに渇いてる

14□ 口角が下がっている

15□歯と歯の間にすき間ができている

1~15のチェック項目の中でどの項目にチェックが多かったですか?

・1~5にチェックが多かった人は
表情筋のたるみが原因。フェイササイズでリフトアップ!

・6~10にチェックが多かった人は
リンパの滞りが原因。リンパドレナージュでむくみ解消!

・11~15にチェックが多かった人は
呼吸が原因。鼻呼吸に切り替えて若々しい印象に!
[PR]
by wasser_info | 2009-04-21 23:40
★バストアップ方法★
私たちの体には、リンパ管と呼ばれる管が網の目のように張りめぐらされています。

このリンパ管の中を流れているのがリンパ液です。

そこには、細胞と細胞の間にある組織間液が含まれています。

リンパ液には、各細胞で生じた老廃物や疲労物質を

体外へ排泄する働きと免疫の機能があります。



したがって、なんらかの原因でリンパの流れが悪くなると、

体内に余分な水分や老廃物がとどこおってしまい、体のむくみやこり、

冷え、便秘など、さまざまな不調を招くことになってしまいます。

さらには、お腹や足だけが太る、二の腕がたるむ、

顔が大きく見えるなど、部分的な肥満となってあらわれることもあります。



マッサージによってリンパの流れをよくするというのは、

健康で若々しい体を維持するために、とても有効な手段です。

そして、胸の周辺には、健康にかかわるリンパやツボが多く集まっているのです。

とくに、胸の外側からわきの下のくぼみあたりは、リンパ管が多く集まっていて、

腋窩リンパ節と呼ばれています。

つまり、バスト周辺をマッサージすれば、リンパの流れがよくなって

さまざまな不調をとり除くことができるというわけなのです。



胸とわきの周辺には、リンパ節が集中し、さらには、多くの経絡が通っている。

マッサージでリンパと経絡の流れをよくすれば、不快症状を改善することが可能。

バスト周辺にあるのは、リンパだけではありません。

生命エネルギーの通り道である経絡も多く通っています。

皆さんが鍼灸の治療でよく耳にするツボというのは、この経絡上の反応点のこと。

ツボを押して刺激すると、体調がよくなるのは、経絡を流れる「気血」

(東洋医学でいう、生命エネルギーのようなもの)の流れがよくなるからです。



私たちの体には、14本の経絡が通っているのですが、

その多くが胸の周辺を通り、全身に伸びています。

胸やわきからスタートしている経絡もあるほどで、ツボの数も非常に多くあります。

バストを通る代表的な経絡は、腎経と胃経です。

「腎」は、生命維持に欠かせない元気や精気をつかさどる経絡で、

発育や生殖に深くかかわっています。

腎経の流れが滞ると、無気力や不眠、不妊になったり、髪や骨が弱くなったりするとされています。 

一方、「胃」は、消化器系と関係の深い経絡で、食物を消化して、

「気血」を作り出し、全身に行き渡らせる働きがあります。

したがって、健康であるためには、胃経の流れが正常であることが重要になります。



バストマッサージは、もちろん美容面でも効果が期待できます。

というのも、腋窩リンパ節の周辺を刺激すると、経絡やツボの効果だけでなく、

女性ホルモンの分泌を促すので、バストアップにもなります。

年齢とともに、トップバストが下がってしまった、更年期障害が気になるというかたには、

とくにおすすめで、アンチエイジングにも効果を発揮します。



さらに、自分の手でバストにふれて、さすることで乳ガンの早期発見につながるなどのメリットもあります。

健康なうちから、自分でバストマッサージを行って、

乳ガンを早期発見されたケースも少なくありません。

バストというのは、治療院やエステなどでマッサージしてもらうには、

抵抗を感じる部位だと思います。

できる範囲でもきょうからセルフケアを行い、美と健康を保つために、

恥ずかしがらずに、ぜひ試してみてください。
[PR]
by wasser_info | 2009-04-21 23:36