<< 5月の紫外線対策 春メイク ~2011~ >>
続・春メイク~2011~
前回に引き続き、今回もテーマは“2011年春メイク”!

美しく完成したベースに、今春注目カラーを入れていきます。



まずは目元のメイクから。

アイブロウのポイントは、パウダータイプのものでふんわり描くアーチ型眉。

ペンシルではっきりと描くよりも、あくまで“ナチュラルライン”を心がけます。

優しい春の雰囲気を思わせる柔和な目元を演出するためには、ふんわり眉が基本なのです。




お次はアイカラー。

春の定番カラー爽やかグリーンやスイートピンクも良いですが、

2011年は"ほんのりベージュ+パールカラー"の組み合わせが○!

“お色を楽しむ”というよりは、“光を楽しむ”がキーワードです。

ベースとなるベージュ色といえば、季節を問わず重宝するお役立ちカラー。

そこにのせていくのは、パール感重視のピンクやパープル、

オレンジといったカラー達です。

しっかりチークが流行る今春、アイカラーは薄づきのものを

セレクトしてバランス良く仕上げましょう。

テーマは“リラックス&シンプル”、

あまり自己主張しすぎない癒し系のお色に人気が集まっています。





ぱっちりとした目元に欠かせないアイラインは、ペンシルタイプでナチュラルに仕上げるのが鉄則。

まつ毛のすき間を埋めるよう、ごく自然に繊細なラインを引いていきます。

「リキッド命!」なアナタも今春はちょっとガマンして。

ナチュラルラインでも、丁寧にメイクすることで

上品で魅力的な目元を演出することができるんですよ。



柔らかな春をイメージさせる優しい目元を完成させるのは、上品な“オトナ風華奢まつ毛”。

マスカラにボリュームを求めるのは、もはや昔のこと。

くるんとした美しいカールを形づくる、一本一本が細く長い繊細なまつ毛。

このような上品なまつ毛を実現させることが、

今春のマスカラが果たすべき使命であるといえそうです。




足りないボリュームは、つけまつ毛をプラスすることで補って。

目の中心部(まっすぐ前を見たときに黒目がくる位置)にボリュームをもたせれば、

ドール風のキュートな目元に。

ポイントで目尻にプラスすれば、気品溢れるエレガントな切れ長美人に。

のせる場所によって顔の印象を簡単に変えることができるのが、つけまつ毛の魅力なのです。



最後はリップメイクのポイントについて。

今春は、表情に健康的な血色感を与えるツヤ感のあるものが人気。

口紅でしっかりメイク、というよりはグロス単体で

あくまでナチュラルに仕上げる方が今年風です。

“さっと塗れてツヤ感を出すことができ、しかも適度に色づく”

というお手軽感から、グロスは学生からOLまで幅広い層に支持されています。

カラーは、春の王道ピンクに注目が集まります。

少女風の可憐な表情を演出するには、やはり愛されピンクの存在は欠かせないようです。



さて、2回に渡ってお届けした“春メイク~2011~”。

いかがでしたでしょうか?

ポイントは透明感のあるベース作りとツヤ感重視の春カラー。

しっかりと仕上げるよりも、リラックス感漂う表情を目指すのがコツです。

シンプル&ナチュラルをテーマに、お気に入りのカラーで

貴女らしい春メイクを楽しんでくださいね♪
[PR]
by wasser_info | 2011-04-20 10:25
<< 5月の紫外線対策 春メイク ~2011~ >>