人気ブログランキング |
<< 顔のリンパマッサージ方法(しわ... 大人のニキビ >>
日焼け後のお手入れ
f0179665_10133120.jpg



夏休みに海水浴やバーベキューなど夏のレジャーは楽しいですね。

しかし、太陽は私達の皮膚を照らし、気がついたら火傷してしまった経験などありませんか?

日焼けは急激な火傷。

とにかく流水でまず冷やす事が大切になります。

冷水シャワーや水風呂でもいいですね。

ほてりを鎮めることが大切です。

日焼けをしてしまった後のお手入れとして肌をクールダウンさせ身体の熱をとる方法もあります。

冷蔵庫で化粧水などを冷やして使うと効果的ですから、出かける前に冷蔵庫に冷やしておきましょう。

バッサの化粧水を含ませて顔にはコットンを、体にはティツシュを貼っておくのも良いですよ。

特に[バッサ]プレミアムローションやマスクがオススメ

日中はまめに日焼け止めクリーム塗りますが、

夕方になると「もういいかなー?」なんて忘れてしまいがち。

1番怖いのは、うっかり油断しがちな夕方の紫外線なのです。

夕方の西日の太陽は紫外線がきつくすぐに日焼けをしてしまいます。




紫外線にあたると皮膚は角質を厚くして肌を守ろうとします。

日焼け後、肌がごわごわしてかさついたり、かゆくなったり、そんな経験ありませんか?

角質が急に厚くなると、角質の中の保湿成分が不足し乾燥してしまうのです。

そうなる前に、炎症を抑える成分を配合している[バッサ]プレミアムローションでしっかりこまめに保湿しましょう。

まず、日焼けしてしまった当日は熱を下げようといつも以上に体力が消耗しやすくなっているので、

ケアとして水分補給をいつも以上に多くし、早めの就寝を心がけるといいようです。

水素水が特にオススメです。



背中のほてりが静まらない時は、濡れたバスタオルなどを背中に羽織って日焼け後のケアをします。

紫外線を浴びた肌は、メラニン色素の生成が活発化するのでシミやソバカスが心配です。

メラニン色素の生成には、活性酸素が大きく関与しますので、活性酸素除去率の高い

[バッサ]プレミアムローションを一度だけでなく、1~2分置いてからもう一度使い重ねづけすると

しっかり肌の奥まで浸透してくれます。

日焼け後の処置やお手入れのケアをしても皮が剥がれたりしてきた場合は、

無理に剥がしたりせず自然に剥がれるのを待ち、

気になる場合はバッサ美容液を塗った後[バッサ]プレミアムローションを霧吹きの容器入れ、

たっぷり吹きかけましょう。

3分くらいを目安にすると良いでしょう。



日焼け後の処置やお手入れをしっかりすることで、その後のケアも楽になりますし、

夏にありがちな肌トラブル、体力消耗などにも効果が現れてきます。

というのも、日焼けしてしまった後の身体は体温を下げようといつも以上に体力を消耗しやすくなります。

日焼け後の処置が遅れる程身体にかかる負担はどんどん増えていきます。

私は良くドライブしたり海が好きなので、いつでもすぐに日焼け後のお手入れができるように

[バッサ]プレミアムローションを常備しているんですよ。

とっても便利なんです。

日焼け後の処置やお手入れとして特に気を使う顔のケアも、

まずは冷やすことが大切って分かりましたでしょうか?

長時間放っておいてはダメダメ。

痛みも増してしまうし、肌も信号を出し続けることで消耗しちゃいます。

日焼け後の処置はバッサがとっても有効なんです。

この夏、日焼けをきっかけに肌の手入れを心がけ、お肌を綺麗にしちゃいましょう!


f0179665_1012342.jpg
by wasser_info | 2009-08-11 10:14
<< 顔のリンパマッサージ方法(しわ... 大人のニキビ >>