超シンプル♪デイリーケアのススメ
何かと慌しい、新年度の始まり。

「4月はすごく忙しかった!」という方も

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、4月も後半にさしかかると、

ようやくいつもの日常を取り戻せる頃だと思います。

ちょっとリラックスしてゆったりと過ごせるよう心がけてみてはいかがでしょうか?


さて、4月20日号のテーマは『超シンプル♪デイリーケアのススメ』。

前回の記事では、紫外線対策と美肌対策の違いについて詳しくご紹介しました。

今回は、両者の違いをしっかりと意識した上で、

毎日やるべき“正しい紫外線対策・美肌対策”を習得していただきたいと思います。



前回の記事の最後に、皆さんに心がけて頂きたいこととして、

紫外線対策としての“外出時のUVケア”、

美白対策としての“新陳代謝を促すピーリング”&“しっかり保湿”

という3つのポイントをご紹介しましたね。

では具体的に、どんなことをしていけば良いのか

詳しく解説していくことにいたしましょう。



まずは、紫外線対策の基本となる

“外出時のUVケア”について。

紫外線による肌ダメージは、日々蓄積されていくものです。

そして、歳を重ねるうちに

徐々にソバカスやシミ、シワなどの

老化現象として肌表面に現れます。

「ちょっと買い物に行くだけだから」

「洗濯物を干す内だけだから」

「今日は曇っているから」・・・。

そんな理由で、日常的なUVケアをおろそかにしていませんか?

その油断が将来、アナタのお肌に

大きな影を落とすことになるんです。



UVケアというと、一般的には

“日焼け止めクリームを塗る”

という手段が連想されることでしょう。

日焼けをしたくないあまり、

「いつでもSPF高め!

 汗で落ちたら困るから、もちろんウォータープルーフで!」

という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、それは大きな間違い。

SPFの高い日焼け止めや、ウォータープルーフ製品は

お肌に相当の負担をかけます。

日常的に使う日焼け止めには、

乳液やクリームタイプで

SPF10~20程度のものを選ぶようにしましょう。

また、陽射のある日には、

長袖や帽子を着用する癖をつけることも大切です。


そしてお次は、

美白対策としての“新陳代謝を促すピーリング”&“しっかり保湿”について。

紫外線を浴びたお肌は、

肌細胞の成長サイクルであるターンオーバーが乱れ

お肌の生まれ変わりが阻まれている状態にあると言われています。

このターンオーバーが乱れてしまうと

お肌はメラニンを蓄積し、

お肌の透明感が失われてしまう他、シミの原因にもなるのです。

また、古くなった角質がいつまでも肌表面に残っていることで

化粧水や乳液といったエッセンスの浸透力は低下。

つまりは、お肌に必要な潤いが確保できない

ということにもなってしまうんです。



「ピーリングが美白のために必要なのはわかった。

 でも、ゴシゴシとやるのは何となくお肌に悪そう!」

そんな風に思われる方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、低刺激のピーリングアイテムを選べば、

お肌を傷つけてしまう心配もありません。

バッサの高濃度水素イオン水ジェル美容液なら、

美容液でありながらピーリング効果も期待できる優れもの。

多めに手に取り、お肌の上で優しくマッサージするだけで

お肌を傷めることなく、不要な角質を除去することが出来ます。

“敏感肌の方でも使えるピーリング”ってなかなかありませんが、

バッサの高濃度水素イオン水ジェル美容液なら安心。

お肌を潤わせながらキレイにしていくイメージが良いですね!



また、常にお肌を保湿させておくこともまた、

肌本来のターンオーバーを正常に保ち、

お肌の透明度を保つのに欠かせない要素です。

洗顔後はしっかりとお肌を潤し、

内からにじみ出るような透明感を引き出しましょう。




今回は、紫外線対策と美白のポイントについて色々とご紹介しましたが

いずれもシンプルな基本ケア♪

何ひとつ特別なことは必要ありません^^

お肌に優しいスキンケアをひたすら毎日続けるのみ。


「美肌は一日にして成らず」です。

小さな努力を一つひとつ積み重ね、

やがて皆が羨むような、ツヤツヤ&ウルウル美肌を手に入れましょう♪
[PR]
# by wasser_info | 2012-04-19 23:35
“紫外線対策≠美白”の真実
暖かな春の陽射が心地良い今日この頃。

先週末は関東でも桜が満開となり、

ゆっくりとお花見を楽しまれた方も多いのではないでしょうか?

桜の花の咲き誇る様を見ると、

「春って良い季節だなぁ・・・」と改めて実感しますよね。


しかしながら、美容の観点から言うと、

春はちょっぴり注意が必要な季節でもあります。

『保湿重視で春先もツヤ&ウル美肌』の記事でもご紹介したことのおさらいになりますが、

新たな始まりに気分がぐんと高まる春は、一方で“身体の状態が

特に不安定になる時期”としても知られているのです。

急激な気温上昇による皮脂分泌量の増加や、“春一番”に象徴される強風、

さらには新生活に伴う自律神経の乱れやストレス等、

正常な肌バランスに悪影響をもたらす要素が特に多い時期であると言われています。



加えて、春先のダメージ肌を襲うのが、容赦なく降り注ぐ紫外線。

“4月・5月の紫外線量は、7月・8月とほぼ同量”とも言われており、油断は禁物です。

「まだ陽射は気にならないし、肌寒い日も多いし大丈夫!」と思ってしまうような日でも、

実際には強烈な紫外線があなたのお肌を傷つけているのです。

紫外線は、シミやそばかすを生じさせる他、乾燥肌やシワの原因にもなる、いわば“お肌の危険因子”です。

また、紫外線対策とは、多くの女性の関心事である美白にも欠かせないポイントです。

紫外線からお肌を守ることこそが、スキンケアの最大の目的であると言っても過言ではないでしょう。


そこで、4月に2回に渡ってご紹介するテーマは『紫外線と美白』について。

1回目の今回は、『“紫外線対策≠美白”の真実』です。

美肌作りのカギとなる紫外線対策と美白について、今一度正しく理解し、

その上で、有効なスキンケアをしっかりと習得しましょう。


本題に入る前に、まず理解していただきたいのは、“紫外線対策”と“美白”の違いについてです。

最近では“美白効果のあるUVケア用品”や“UVカットしてくれる美白用品”等、

複数の効能を謳ったスキンケア用品を数多く見かけるようになりました。

その影響なのか、紫外線対策と美白を混同されている方が実にたくさんいらっしゃいます。

しかしながら、“紫外線対策=美白”の認識は大きな誤解です。

まず美白とは、具体的には“メラニン対策”のことです。

人の肌は紫外線を浴びると、肌表面を防御するためにメラニン色素を作ります。

メラニン色素は通常、新陳代謝によって角質と一緒に剥がれ落ちるのですが、

多量の紫外線を浴びることで過剰に作られたり、代謝が上手く機能しなかったりした時には、

いつまでも肌表面に残ります。

この時に肌に残ってしまったメラニン色素が、シミやそばかすとして肌に現れるのです。

美白対策では、“メラニン色素をシミ・そばかす変化させないこと”、

そして“肌に現れたシミ・そばかすを目立たなくすること”の2点が目的とされます。

一方で紫外線対策とは、読んで字のごとく、“紫外線から肌を守ること”を意味します。

美白とは全くの別物、というわけです。

以上を簡単にまとめると、

「有害な紫外線から肌を守るのが紫外線対策、紫外線によるダメージをケアするのが美白」

ということになります。

「日焼け止めを塗ってちゃんと美白対策をしているのに、全然シミが薄くならない!」という発言の誤りに、

ちゃんと反応することが出来れば完璧です!

このように、紫外線対策と美白の違い等、美容の基礎を一つひとつを正しく理解することが、

適切なスキンケアの基本でもあります。


それでは、お肌が不安定になりがちな春先。

紫外線対策と美白のために、私たちはどんなケアを心がければ良いのでしょうか?

皆さんに心がけて頂きたいのは、ここに挙げる3つのキーワードです。

まず、紫外線対策としては“外出時のUVケア”。

そして、美白としては“新陳代謝を促すピーリング”&“しっかり保湿”。

それぞれのポイントについては、次号に改めてご紹介させていただきます。

ぜひ楽しみにしていてくださいね♪
[PR]
# by wasser_info | 2012-04-10 09:16
2012春メイクは素肌感マスト!
3月下旬、

少しずつ暖かな春の陽射が差し込むようにはなってきましたが

引き続き寒い日が続きます。

今年は春の訪れが本当に遅いので

春なのにイマイチ気分が盛り上がらないのは

私だけではないでしょう^^;

暖かな春はまだ少し先になりそうですが、

せめて心だけでも盛り上げていきましょうね!


さて、3月20日号の今回は

暖かい季節にぜひ取り入れていただきたい

2012年春メイクのポイントを、

どど~んとご紹介していきたいと思います♪


テーマは『2012春メイクは素肌感マスト!』。

きっちりメイクよりも素肌の美しさを活かしたメイクが

今春のトレンドですよ☆



ベースメイクのポイントはツヤ感!

でも、春のツヤ感は

クリスマス時期に流行ったようなパールのツヤ感ではなく、

潤いに満ちた素肌から自然に感じられる“みずみずしさ”のこと。

メイクで作れない美しさが求められるということは、

日々のスキンケアがモノをいう!ということですね^^

ウルウルお肌を一層美しく魅せるのは、

赤ちゃん肌をイメージさせる透明感や自然な赤み。

ほんのりピンク色のメイク下地を使えば、

さりげなくナチュラルなバラ色肌を実現できちゃいます♪

その上に、ファンデーションを薄く伸ばします。

素肌に自信のある方は、

パウダーだけでも○

シミが気になる方は

コンシーラー等でカバーして欲しいのですが、

ソバカスやホクロは無理に隠す必要なし!

ナチュラル肌を一層キュートな雰囲気に演出してくれる

大切なポイントにもなります☆


美しく仕上がったナチュラル素肌には

コーラルとピンクを混ぜ合わせたほんのりチークをオン♪

お色は、自然な血色を再現するような

自然なイメージを心がけて。


“あくまで自然なイメージに”というポイントは、

リップも同様です。

グロスを使ったツヤ感をあえて避け、

ベージュ系統のお色を使ってナチュラルな口元に。


目元には、淡い桜色のアイカラーが○

赤みの強いものではなくほんのり色づく程度のものをセレクトして。

アイライナーは、目尻を強調するように描くのがポイント!

目頭から目の中央までは薄めに、

中央から目尻にかけては一気に色を足していくと良いでしょう^^


2012年春メイクのポイントは

“ナチュラルな雰囲気の素肌感”。

日頃バッサでしっかりとケアしてきた

美肌キープの皆さんには、

今春のトレンドメイクは良く似合うはずですね♪
[PR]
# by wasser_info | 2012-03-19 15:41
保湿重視で春先もツヤ&ウル美肌
最近、少~しずつではありますが

暖かく感じられる日が徐々に増えてきましたね。

朝起きて、

「あ、今朝は暖房なしで大丈夫かも!」

と感じられると、

朝から嬉しい気分になれます。

こうして、一歩一歩

季節は確実に春に向かっているのですね^^

桜の季節が待ち遠しい今日この頃です。



春と言えば、新生活の始まりや出逢いの季節。

ぐんと気分が高まる季節ではありますが、一方で

“一年の中でも特にお肌が不安定な状態になりやすい時期”

であるというのをご存知でしょうか?

冬から春への季節の変わり目は、

実はお肌の変わり目でもあるんです。



そこで今回は、

『保湿重視で春先もツヤ&ウル美肌』というテーマで

春ならではのスキンケアのポイントを解説していきましょう!



まず、春先の私たちのお肌の状態について、

簡単に触れておくことにいたしましょう。

私たちのお肌は、気温が高くなると

皮脂分泌がぐんと活発になります。

暖かな春風にのって空気中を舞う花粉やホコリは、

肌表面の皮脂に付着し、そのままにしておくと

様々な肌トラブルを引き起こします。

また、紫外線量がぐんと増える時期でもありますから、

しっかりとUV対策をしておかないと、

「知らない間にシミやそばかすが増えていた・・・」

なんてことにもなりかねません。

さらに、新生活の始まりによって自律神経が乱れてしまうと、

肌再生のサイクルにも悪影響を及ぼすようになります。

油分や水分のバランスや血液循環の悪化が、

吹き出物や肌荒れの原因になることも少なくありません。

これらの要因から

「春はお肌がデリケートになる時期」、

そう心得ておいて間違いないと言えるでしょう。


それでは、不安定な季節にもしっかりと美肌を保つために

私たちは日々どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

まずは、クレンジングや洗顔の徹底です。

冬の頃と比べてぐんと増加した皮脂や

外出時に肌表面に付着した汚れは、

その日のうちにしっかりと洗い流してあげることが大切です。

「疲れていて、メイクしたまま寝ちゃってた・・・」

なんて論外です!

どんなに疲れていても1日の終わりには丁寧に洗顔し、

お肌を労わってあげてくださいね。

洗顔が終わったら、すぐに化粧水で水分補給をします。

化粧水をつけることで、洗顔によってアルカリ性に傾いてしまったお肌を

弱酸性に戻してあげることが出来ます。

アルカリ性のお肌には雑菌が増殖しやすいので、

洗顔後の化粧水は忘れてはいけません。

化粧水をつける時には、

特に乾燥しやすい目元や口元を中心に

十分に浸透させるようになじませて下さい。

また、外出の際には、

紫外線対策をお忘れなく。

「少しの外出だから・・・」

「オフィスワークだから・・・」

と油断してはいけません。

お肌が不安定な状態の春だからこそ、

少しの刺激が大きなダメージとなるのです。

その他、1日の中で少しでもほっとできる時間を持つことも

美肌キープには欠かせないポイントです。

環境の変化やストレスによって乱れやすい自律神経は、

私たちのお肌にも大きな影響を及ぼします。

ゆっくりと入浴する、

好きな音楽を聴く、

アロマで癒される・・・等々、

自分がリラックスできる方法であれば何でも構いません。

くれぐれも夜更かしには気をつけて、

自分だけの時間を楽しむようにして下さい。


冬の寒さをくぐり抜け、

一層アクティブになる暖かな春。

ツヤツヤ&ウルウルのお肌で

心地良い季節を思い切り満喫しちゃいましょう^^
[PR]
# by wasser_info | 2012-03-10 11:24
花粉の季節のスキンケア
屋外では冬らしい寒さが続きますが、最近では陽射や空気に

少しずつではありますが、春の訪れが感じられるようになりました。

天気予報を見ていると、

「そろそろ花粉の飛散が始まっている」とのこと。

暖かな春の季節に一歩、また一歩と近づいていくのは良いことですが、

同時に花粉症の方にとっては辛い時期にさしかかろうとしています。



そこで今回のテーマは、『花粉の季節のスキンケア』。

本格的な花粉シーズンを前に、

春先のスキンケアの基本をしっかりと心得ておきましょう!



さて、こちらのブログでも以前、

『花粉症による肌荒れ』というテーマで、

花粉症が肌にもたらすダメージについてご紹介したことがあります。

まずはそちらをお読み頂き、

花粉の季節特有の肌メカニズムを今一度おさらいしてみてください。

今回はこの基本をおさえた上で、

「では、具体的にどんなことを心がけたらいいの?」

という疑問にお答えしたいと思います。

花粉によりお肌のバリア機能が低下している時には、

刺激の少ない化粧水やローション、保湿効果の高い乳液や美容液等で

しっかりとお肌を潤してあげることが大切です。

その際には、ぽんぽんとお肌にたたきこむ様に馴染ませていくことが重要。

ちゃんと保湿したいからといって、お肌にすり込むようにしてしまうと

デリケートになっているお肌の表面が摩擦で傷ついてしまいます。

また、ファンデーションは

油分の少ないものを薄く伸ばしていくよう、心がけて下さい。

その際、化粧下地をしっかりとのせておくことで、

薄づきのファンデーションでも高いカバー力が期待できます。

シミやくすみを隠そうとするあまり、

ファンデーションやコンシーラーをのせ過ぎるのは避けましょう。

花粉の季節は目をこすったり鼻をかんだりすることでメイクが崩れやすい時期ですし、

何よりも、肌表面の過剰な油分に花粉が付着し、一層辛い思いをすることになります。

そして、帰宅後はしっかりと洗顔して

肌に付着してしまった花粉を洗い流してあげることです。

その際には、メイククレンジングと通常の洗顔をダブルで行いましょう。

一般的には「ダブル洗顔はお肌に悪い」というイメージではありますが、

洗顔後も花粉がお肌に残ってしまっている状態の方が、

お肌への負担になる他、炎症やかゆみの原因にもなってしまいます。

洗顔の際にゴシゴシとお肌をこすらないこと、

そして、洗顔後には十分に保湿してあげること。

この2点に注意すれば、ダブル洗顔も絶対悪とはなりえません。


一年の中でも、お肌が一層敏感になる花粉の季節。

日々のスキンケアを正しく実践することで、

美肌キープに励みましょう!
[PR]
# by wasser_info | 2012-02-20 14:36